50
座席のデータを読み込み中です
座席のデータを読み込み中です...

アウンミンガラーバスステーション → マンダレー 移動手段: バス

08:00
アウンミンガラーバスステーション, ヤンゴン
17:30
キウェルセルカン, マンダレー
9時間 30分
09:00
アウンミンガラーバスステーション, ヤンゴン
17:00
キウェルセルカン, マンダレー
8時間
09:00
アウンミンガラーバスステーション, ヤンゴン
17:00
キウェルセルカン, マンダレー
8時間
20:00
アウンミンガラーバスステーション, ヤンゴン
05:00
キウェルセルカン, マンダレー
9時間
21:00
アウンミンガラーバスステーション, ヤンゴン
05:00
キウェルセルカン, マンダレー
8時間
21:00
アウンミンガラーバスステーション, ヤンゴン
05:00
キウェルセルカン, マンダレー
8時間
21:30
アウンミンガラーバスステーション, ヤンゴン
05:30
キウェルセルカン, マンダレー
8時間
21:30
アウンミンガラーバスステーション, ヤンゴン
05:30
キウェルセルカン, マンダレー
8時間
22:00
アウンミンガラーバスステーション, ヤンゴン
06:00
キウェルセルカン, マンダレー
8時間
22:30
アウンミンガラーバスステーション, ヤンゴン
06:30
キウェルセルカン, マンダレー
8時間

ヤンゴンからマンダレーへのスケジュール

ヤンゴンからマンダレーへのスケジュール
Transport NameRoute TimePrice
Mandalar Minn Express Economy 45 08:00 – 17:30MMK 22,063
Mandalar Minn Express Economy 45 20:00 – 05:00MMK 22,063
Mandalar Minn Express VIP 27 22:00 – 06:00MMK 34,933

ヤンゴンからマンダレーへの行き方

ヤンゴンから約630km北に位置し、旧首都でもありミャンマーで2番目の大きさを誇るマンダレーは、バスや鉄道、そして飛行機で簡単にアクセスできます。飛行機で1時間半もかからないため、時間が限られているほとんどのツアー観光客は、ヤンゴンとマンダレーの両都市を訪れます。移動手段にもよりますが、陸路での移動は、だいたい10時間から15時間はかかるため疲れるでしょう。バスはたいてい混み合っていますが、列車よりは早く安くすみます。列車は驚くほど時間に正確で、車両クラスの選択が可能です。

ヤンゴンからマンダレーへの電車

大部分のミャンマーの鉄道線路は、イギリスによって造られました。ヤンゴンとマンダレーは国内の主要鉄道駅となっており、お互いを南北に結んでいます。

注意 2012年にミャンマーの列車運行スケジュールに大幅な変更がありましたが、いまだに古い情報がウェブ上に残っています。列車の旅を計画する際は、常に最新の情報を得るように注意してください。ミャンマー鉄道はオフィシャルウェブサイトやオンライン予約システムを運営していません。

ヤンゴンからマンダレーへ列車で旅をすること自体が、とても素晴らしい経験になります。ルートそのものは普通なのですが、空に映えるヤシの木の細長いシルエットや、放牧された牛たち、各駅を巡回しながら販売する屋台、頭の上に荷物を乗せて運んでいる人たち、そして楽しそうに過ぎ去る列車に向かって手を振る地元の子供たちといった、リアルなミャンマーを眺めることができます。

列車の旅は合計で15時間となり、通常スケジュール通りに出発・到着します。現在、マンダレーまでは1日3本あり、朝発の列車#11はヤンゴンを早朝6時に出発し、マンダレーには夜の9時に到着します。午後発の列車は、午後3時に出発する(#5)と、午後5時に出発する(#3)があります。この2つの列車は、目的地に早朝に着くため (それぞれ朝の6時着と8時着)、マンダレーまで行くには最適の方法です。注意点は、#11と#5の列車は寝台車両がなく、座席のみとなります。

座席は2種類あり、通常クラスと上級クラスになります。通常クラスは最も安い移動手段になりますが、快適さは保証できません。基本的にシンプルな固い座席のみになります。上級クラスは、クッション性のあるリクライニング付きの座席となりますが、車両によっては、完全にリクライニングされたまま垂直に戻すことができない座席もあります。上級クラスの値段は通常クラスの2倍となります。(30,000チャット/20-25 USDドル)

列車#3は座席と寝台車両があります。寝台車両は、それぞれ4名制で、上段2名と下段2名の寝台になっています。家族やグループで旅行している人たちには特にお勧めです。寝台は上級クラスの値段より、約6~8 USドルほど高くなります。

注意 車両にはエアコンはついていません。天井に扇風機がついている車両や、空いた窓から涼しい風が入ってくる車両もありますが、たとえ最も暑い時期 (4月と5月)に旅行したとしても、一般的に車両内はそこまで暑くなりません。夜間は冷えるので、上着を手元に置いておくとよいでしょう。

ヤンゴン中央駅は、クーン・チャン・ロード上に位置し、スタジアムの反対側にあります。マンダレー駅は、79番通りと30番通りの合流地点にあり、ロイヤルパレスを囲んでいる公園の南西の曲がり角をさらに南に行った所になります。

旅のヒント (特急を除く) ヤンゴンからマンダレーへの列車は、ゴールデンロックの麓となるバゴーを通過します。チャイティーヨ・パゴダが旅のリストにあれば、最初に観光し、そのあとにバゴ―からマンダレー行きの列車に乗ることも検討してみてください。

ヤンゴンからマンダレーへのバス

ヤンゴンにはいくつかのバスステーションがあります。マンダレー行きのバスは、ハイウェイバスステーション 、通称 アング ・ミンガラー バスステーションから出発しています。市街地からはほど遠く、アング・ミンガラー ハイウェイの500m東に位置し、サット・フム通りとサ・ガイン通りの間にあります。ヤンゴン国際空港からは、7km北東になります。

バスのチケットは、ヤンゴン中央駅の北にあるスタジアム近くのカウンターにて購入できます。チケットを買う手続きも、面白い経験になるでしょう。現地の人は通常、コンピューターシステムを使ってチケットを買うことはないので、何人ものスタッフがあなたのチケットを巡って議論し、電話をかけ合い、ノートに書き留めるはずです。しかし最終的には上手くいくので大丈夫。チケットをもらったら、座席も予約されているのでご心配なく!

ほとんどのバス会社がバスターミナルまでの乗り換えを実施しており、1チャット(1USドルより少し安め)でシェアタクシーに乗れます。バスチケットの値段は12,000チャット/10USDドルから23,000チャット/17USDドルになります。バスはたいてい混みあっていて、足を置くスペースも狭く劣化しているため、快適さは期待しない方がよいでしょう。バスで行くと決めたらなら、現在は通常タイプの4列シートではなく、3列タイプの'エリート'バスがあるため、そちらをお勧めします。遅めの午後発と、夜間発の便があり、それぞれ8時間から10時間の旅となります。

ヤンゴンからのバスは、市街地から8km離れた所にあるマンダレー ハイウェイバスステーションに到着します。市街地への行き方は3通りあります。タクシー、バイクタクシー、現地の人が使うピックアップトラックです。タクシーはかなりインフレした価格になっており1台7,000チャットですが、バイクタクシーは安めに設定されています(2,500チャット)。ピックアップトラックに乗るには、バスステーションから車道に出る必要がありますが、500チャットから1000チャットで乗車できます。

ヤンゴンからマンダレーへのフライト

ヤンゴンからマンダレーは、ミャンマー内で一番人気のある空のルートです。ミャンマーエアウェイズや、エアマンダレー、ヤンゴンエアウェイズといった、様々な国内・地域の航空会社によって運航されています。共同で1日に最大12本のフライトがあります。預ける荷物も含めて、片道100USドルから購入可能ですが、事前に航空会社に確認することも忘れずに。フライト時間は1時間から1時間25分ほどです。

ヤンゴン国際空港は、鉄道の中央駅より北に17km離れた所にあります。公共の交通手段がないため、タクシーを利用する必要があります(8,000チャット/8USDドル)。市街地から空港の途中までバスで行くこともできますが、セル・マイン・コーンかマハ・シに行くバスを探して(地元の人に聞いて、どのバスに乗ればいいか確認してください)、そのあとはヤンゴン空港通りを2.5kmほど歩くと空港のターミナルビルに到着します。その辺りにあるお店からのタクシー料金は約1USドルです。

マンダレー国際空港は市街地から45km南東に離れた所にあり、アクセスは良好です。意外にも市街地へのタクシー料金は安く、個人タクシーでは12,000チャット/10USDドルをみておくとよいでしょう。シェアタクシーも利用できます(4,000チャット/4USDドル)。もし既にマンダレーでのホテルを予約済みなら、ホテルが空港からの送迎サービスを行っているか確認してみましょう。もしサービスがなくても、より安価で送迎を手配してくれます。

なぜマンダレーへ行くのか

黄金の仏陀像、広い路地やまっすぐに伸びた大通り、マンダレー近郊に連なるミングンやインワ、サガインやアマラプラなどの古都が魅せる昔ながらの豊かさは、マンダレーを訪れる欠かせないポイントになること間違いなしです。このなかの一つの古都を訪れるだけでも、情緒を味わえるはず。ではマンダレーには何があるのかって?もちろんお勧めのスポットはあります。バガンの永遠に続くパゴダのお寺の上から眺める景色よりも、マンダレーヒルからの景色は心に響くものではないかもしれません。インレー湖にある町ニャウンシュエよりも、ゆったりとしていないかもしれません。ヤンゴンが誇るような旧植民地の遺跡があったり街が騒がしくないかもしれません。しかし、マンダレーにはあなたの滞在を充実させる見どころが十分あります。マハムニ・パヤーで毎日行われている仏陀の洗顔風景を見学できますし、ウーベイン橋の独特な出店を見て回ると、夕暮れ時には現地の人々が急ぎ足で毎日の営みをしに来る姿を目にするでしょう。マンダレースタイルの人形劇や、ヨーヨーレイゲストハウスでの料理教室では美味しいミャンマー料理を習うこともできます。そして、マンダレーへの道のりそのものが、あなたのミャンマー旅行に素敵なスパイスを加えるでしょう!

マンダレーから先へ

4大観光地を旅の計画に入れているなら、次の2つの目的地はバガン(5時間から、10,000チャット/9USDドル) またはタウンジー(インレー湖観光) (10時間から、10,000チャット/9USDドル)ですね。この2都市はマンダレーのハイウェイバスステーションからバスで行くことができます。バガンを目指しているなら、まずはバスでパコックを訪れ、パコックからニャウンユーへボートで渡ることもできます(所要時間1時間)。ニャウンユーでは、とてもユニークな交通手段として、馬車に乗ることができます(バガンのお寺観光へも同じ馬車を使うことができます)。

海辺の街、シットウェやタンドウェ(ンガパリビーチ観光)へも、マンダレーのラインタヤバスターミナルからバスで行くことができます。15時間から17時間といった長旅になるのと、デコボコ道を走るということを念頭に置いておいてください。シットウェ行きのバスは、ミャウーという15世紀のアラカン王国の首都を通過します。古い寺院がありますので、興味のある方はお見逃しなく!

近年で、たくさんのマンダレー発の国際線フライトが導入され、タイのチェンマイやバンコク、シンガポールや香港へのフライトが、目的地によっては週に1本から7本あります。

ヤンゴン to マンダレー destination reviews

3.9
126 customer reviews
5
39%
4
33%
3
13%
2
6%
1
9%
85% of 126 travelers were happy with this destination
VJ
5
bus VIP 27、Mandalar Minn Express、2019/07/02
Excellent service. Keep up the good work

ミャンマーでの人気ルート