シンガポール旅行ガイド

文化、伝統、アートそして食べ物が融合するシンガポールは、平和で多様な共生の素晴らしい例え、アジア大陸の美しい縮図です。

マーライオンや、レッドドットデザインとして愛されるシンガポールは、世界の中でも人口密度の高い国として有名です。しかしながら、美しく象徴てきな高層ビルと賑やかな都市としては、驚くことに、国土面積の半分は生い茂る緑に覆われています。珍しい並置の清潔でモダンな高層ビルは、魅惑的な豊かな公園、自然保護区、澄んだ庭園とは対照的です。マレーシア、インド、中国、世界各地からの移住労働者と多くの人口を抱えるこの島国は、ユニークで記憶に残る、全ての人にとって必見の旅行先です。

Esplanade Theatre, Singapore by Lenny K Photography

では、なぜシンガポールを訪れるべきなのか?

地元のお祭りに参加してみたいですか?シンガポールへ行きましょう!

世俗的な国でありながら、多文化の結果として、シンガポールでは、華僑、仏教、ヒンズー教、イスラム教、インドそしてキリスト教の祭典を認め、お祝いしています。訪問客は、活気のある様々なお祭りや、思い出に残るイベントが一年を通してシンガポールで催されていることに興奮するでしょう。これらの伝統や意義のある文化的な祭事は、シンガポールを訪れる良い理由です。

ディパバリ、アイディルフィトリ、クリスマス、ベサックデー、ハングリーゴーストフェスティバル、ドラゴンボートフェスティバル、シンガポール・ファッションウィーク、シンガポール・フードフェスティバル、そして国慶節は、その内のほんの僅かな一部です。中国の旧正月を皮切りに1年が始まります。全ての人口の4分の3を占めるのが中国人なので、最も祝われています。その10日後に催されるのがチンゲイパレードで、有名なオーキッド通りを眩しいストリートパフォーマー達が派手な衣装を身に纏って練り歩きます。

買い物好き必見。シンガポールは夢の旅行先です。

こちらシンガポールでは、ショッピングは国家の娯楽といえ、買い物でストレス発散できるでしょう。ショッピングモールから、フリーマーケットに、高級ブティック、買い物好きにはたまりません。

最新のデザインには、ドーバーストリートマーケット(Dover Street Market)に物色しに行きましょう。アーティスティックな一点物はティオンバル(Tiong Bahru)へ、クレム・ド・ラ・クレーム体験をお探しでしたら、2.2kmのオーキッド通りは必見です。お店が夜遅くまで開店していて、全てが大安売りになる6~7月のグレートシンガポールセールは見逃せません。買い物と食事を組合わせるのも良いです。シンガポールの融合する文化の影響により、全国的に提供される料理は生唾ものです。通りの屋台から、おしゃれなレストランまであり、シンガポールの料理が世界中で有名なはずです。

摩天楼だけじゃない、シンガポールは自然愛好家も呼び込みます

全ての動物相と植物相が、伝説的なマリーナベイやシビックディズトリクトの高層ビルを考慮に入れつつ、シンガポールを自分の目で確かめる前は、この町がそびえ立つ高層ビルで光り輝くように「庭園都市」へのエコ・アトラクションも願うことができます。しかし、自然愛好家は、巨大な庭園や公園が期待通りではなく、それを超えていることに気付くことができます。

シンガポールは刺激的な、シンガポールボタニックガーデン、高い評価をえているガーデンオンザベイ、プラウウビンのジャングル、また、家族向けなシンガポール動物園(ほとんど檻がありません)など、国立公園の魅惑的なネットワークを誇っています。

通年、天気が良いことも、シンガポール訪問のボーナスになります。公園を散歩したり、庭を歩き周るのに最適な天気です。

シンガポールの必見

この島国には、本当にどんな人にとっても何かがあります。最先端の建築と活気に満ちた博物館と芸術の場、そして、シンガポールは金融センターや旅行先としてだけでなく、魅力的であることを美しく納得のいく形で証明しています。

これを見逃してはシンガポールは語れません・・・

ガーデンオンザベイ

シンガポールでは必見の観光スポットが数多くあり、旅行中いつでも満足し魅了されることは間違いありません。シンガポールのすべての公園の中でも、驚くべき「スーパーツリー」を持つガーデンオンザベイは、あなたが見逃せないほどのものです。

マリーナベイサンズ

もうひとつの絶対に見るべきものは、シンガポールで一番有名な建物、マリーナベイサンズです。ホテル、魅惑的な景色を一望するインフィニティプール、ショッピングモール、美術館、バー付きの展望デッキを併設しています。

シンガポール植民地時代そして多文化遺産

もうひとつの最高級ホテルはラッフルズホテルです。コロニアルスタイルで、ラグジュアリーなホテルは、シンガポールの象徴的なランドマークになっています。有名なシンガポールスリングというカクテルを試してください。また、チャイナタウンやリトルインディアに行って、ローカルの歴史、建物、食べ物、そして絶妙な寺院を訪れてみてはいかがでしょうか。

セントーサ島

シティを抜け出して、アウトドアの冒険をお探しですか?セントーサ島は、街の喧騒をかき分けて呼んでいます。屋内スカイダイビング、アルパインサイドライド、ビーチアクティビティ、アンダーウォーターワールド、カジノ、そして海へと抜け出すジップライン、ここはシンガポールで注目の場所です。最後に、それはおそらく言わなくてもお分かりでしょうが、シンガポール旅行は、美味しい料理であなた自身を酔わせることなくして完全にはなりません。中華、マレー、インド、タイ、プラナカン、そしてウェスタン料理、どなたにとっても何かあります。

目的別の行先

アート&歴史
芸術と文化の愛好家達は、シンガポールには、博物館に全く興味がない人さえ惹きつけることができる素晴らしいアートギャラリーや博物館がたくさんあることを知ることに大きな喜びを感じるでしょう

シンガポール川の北部、ブラスバサー地区は、必見の博物館や歴史的建造物がある植民地時代の中心部です。国立美術館、東アジアのアートに焦点を当てたシンガポール美術館エスプラネードシアターズ (シンガポール交響楽団の共通ステージ)は旅程の中で素晴らしい経験と最高のハイライトとなります。

歴史と伝統に没頭させ、如何なる理由にせよ、シンガポール旅行ではシンガポール国立博物館訪問を組み込むべきです。科学好きでしたら、マリーナベイサンズのアートサイエンスミュージーアム以外ありません。恐竜愛好家、自然愛好家、化石愛好家は、恐竜の轟音によって沈黙が破られる、自然史博物館(Lee Kong Chian Natural History Museum)があると聞いたら興奮することでしょう。

寺院・宗教
歴史ファンをライオンの都市へと惹きつける、寺院もまたもう一つの魅惑的なアトラクションです。市民は完全に宗教上の自由がありますので、シンガポールには多民族による豪華な寺院や教会があります。仏教、道教、キリスト教、イスラム教、ユダヤ教など全て、お祈りの場所がシンガポールにあり、訪問客はリトルインディアやチャイナタウン、カンポングラム(アラブストリート)の通りや路地を探検しながら素晴らしい文化の体験をすることが出来ます。

チャイナタウンのチャイナタウンヘリテージセンターも探索できますし、新加坡佛牙寺龍牙院(Buddha Tooth Relic Temple and Museum)もまた訪れる価値があります。ブライト通りに行き、シンガポールで一番大きな寺院、コンメンサンフォアシー寺院(Kong Meng San Phor Kark See Temple)を発見してみてください。そこは、ブライトヒル寺院としても知られます。

家族向けアクティビティ
家族旅行でシンガポールへ行かれる方は、様々な年齢に対応できる多くの家族向けアクティビティがシンガポールにあるので喜んで頂けると思います。

前述のとおり、シンガポールズーがあるので小さなお子様には喜んで頂けること間違いありません。それでは物足りない場合は、セントーサ島のジュロンバードパークとマリンライフパーク、またマンダイのナイトリバーサファリをチェックしてください。

もう一つ、ファミリーに大ヒットなのが、テーマパークとウォーターパークの組合せです。セントーサ島にあるユニバーサルスタジオシンガポールは、スリリングな乗り物、大興奮なアトラクション、魅惑的なショーのオンパレード、アジアで他に類を見ないテーマパークをお約束します。

スノーシティはサイエンスセンターの中にあり、氷点下の中で本物の雪や、3階建てほどの雪の斜面を体験出来ます。水遊びが好きならば、セントーサ島内のアドベンチャーコーブウォーターパークワイルドワイルドウェット、またジュロンイーストスイミングコンプレックスをチェックしてみてください。

自然&トレッキング
自然大好きっ子集まれ!シンガポールの華やかで、高層ビルが立ち並ぶところからは、自然の体験が出来るなんて想像し難いです。しかし、シンガポールは、コンクリートと自然をエコフレンドリーで創造的、また魅惑的な方法で融合させているので、法で融合し、自然愛好家であっても高層ビルやショッピングセンターの中でゆっくりすることも出来ます。

すでに述べたことの繰り返しですが、シンガポールの公園、またビーチについて。セント-サ島の多くのビーチは、ジェットコースターや、屋内スカイダイビングもありつつ、リラックスしたい人達には素晴らしいところです。
よりローカルな体験をしたい方は、シンガポール東部へ行ってみてください。