1 検索フィルターを適用しています

すべてのフィルターをクリア
Special icons you can find in results:
  • インスタント - Instant confirmation

こちらにはCathay Pacificの旅行のみ掲載されています。

インスタント
14:05
SIN シンガポール空ピア
エコノミーでのCathay Pacificを利用した#CX712 フライト時間2時間 35分
15:40
BKK スワンナプーム空ピア, バンコク

シンガポールからバンコクへのスケジュール

シンガポールからバンコクへのスケジュール
交通手段名ルート時間料金
Scoot エコノミー #TZ29806:30 - 08:10SGD 125.97
Thai Airways エコノミー #TG40208:15 - 09:35SGD 751.55
Thai AirAsia エコノミー #FD35810:55 - 12:15SGD 395.86
Thai Airways エコノミー #TG40412:25 - 13:45SGD 748.24
Tiger Airways エコノミー #TR210412:35 - 14:00SGD 149.18
Thai Lion Air エコノミー #SL10112:20 - 13:50SGD 570.46
Singapore Airlines エコノミー #SQ97413:10 - 14:35SGD 1,014.18
Cathay Pacific エコノミー #CX71214:05 - 15:40SGD 685.52
Tiger Airways エコノミー #TR61016:00 - 17:30SGD 251.62
Tiger Airways エコノミー #TR210818:00 - 19:25SGD 149.18
Tiger Airways エコノミー #TR86620:35 - 22:05SGD 185.40
Scoot エコノミー #TZ29222:00 - 23:40SGD 125.97

シンガポールからバンコクへの行き方

シンガポールからバンコクへ

バンコクからシンガポールへ行く最も簡単で早い方法は間違いなく飛行機でしょう。様々な航空会社が、タイの首都と世界で唯一の島の都市とを結ぶ多数の便を提供しています。しかし、冒険をしたいのであれば、陸上旅行を選ぶと良いでしょう。もし時間に余裕があるのならば、A地点からB地点への単なる移動だけでなく、バンコクからシンガポールへの旅を素晴らしいものにするでしょう。

シンガポールからバンコクまでフライトで

シンガポールからバンコクへ短時間で行きたい場合は、飛行機を利用するといいでしょう。陸路では数日かかる移動をわずか2時間半でできるだけでなく、お金も節約ができます。シンガポールからバンコクへの陸路移動は、ホテルやゲストハウスでの宿泊が必要になるため、より費用がかかります。このルートには多くの航空会社が便を出していますが、人気があるため出発日よりもかなり前に売り切れる場合があります。

より低価格なフライトを探す場合はThai Lion AirThai Air AsiaJetstar Asiaを調べてみましょう。この3つの航空会社はどれもチャンギ空港から飛んでいますが、バンコクには2つの空港のどちらかに到着します。1つは低価格航空会社が多く利用しているドンムアン空港、そしてもう一つはスワンナプーム空港です。空港から直接、パタヤ、サメット島、チャン島、ホアヒンなどのタイ行きのバスに乗車したい場合は、スワンナプーム空港が便利です。ドンムアン空港からは、タイ全土の都市へAir Asiaのフライトを手に入れることができます。バンコクに向かう場合は、どちらの空港でも大差はありません。

注意シンガポールからバンコク行きの日曜夕方のフライトは、シンガポールで週末を過ごした後、帰国するバンコクの住人が多く利用するため、 大抵満席になります。

航空券は通常、片道THB2200~THB3000で販売されていますが、特定の日程ではTHB5500で販売されています。

シンガポールのチャンギ空港は島の東側に位置します。世界最高級の空港の一つであるチャンギ空港は、大きさだけでなく、利用しやすさや、様々な施設があることで有名です。

街から空港へ行くのは難しくありません。空港の3つのターミナル全てに停車する公共バス36番に乗りましょう。中心街から空港までの乗車時間は約1時間です。運転手はお釣りを持っていないため、お釣りのないように(SGD2.50)を払いましょう。私営のタクシーを利用すれば、より短時間で空港に行くことができます。料金は(乗車場所にもよりますが、SGD20~SGD40で、それに空港税SGD3~5と深夜12時から早朝6時までの間は50%の料金が加算されます)。街の中心街かあら空港まではタクシーで30分ほどです。チャンギ空港はMRT trainで行くこともできます。電車の駅はターミナル2とターミナル3のすぐ下にあります。空港行きの電車はタナメラ駅から出発し、わずか7分で空港に到着します。中心部からタナメラ駅に行くには、東へ向かう電車のどれかを利用し、その後、エアポーロリンク に乗り換えます。

バンコクのドンムアン国際空港は首都の北に位置しています。空港と首都はairport shuttle buses(A1ルートとA2ルート)で繋がっています。A1ルートはモーチット駅経由でモーチットバスターミナルへ行きます。A2ルートは最初にモーチット駅へ行き、その後、サパーンクワイ駅、アリー駅、サナームパオ駅、そして最後に戦勝記念塔に到着します(THB30)。移動時間は交通状態にもよりますが、大体60〜80分です。commuter trainsと言うドンムアン空港とフアランポーン駅を結ぶ電車もあります。電車は駅から空港まで約50分かかります。運行時間は午前3時10分から午後10時15分までです。

中心部からスワンナプーム空港へ行く最善の方法はこちらをお勧めします。

シンガポールからバンコクへ陸上移動

もし旅の時間に余裕がある場合は、シンガポールからバンコクまでの短時間フライトの代わりに、陸路移動での冒険を味わうこともできます。訪れたい都市や場所を選び、ルートを短距離に分けると良いでしょう。シンガポール、マレーシア、タイの陸路の交通は確立されており、列車とバスを乗り継ぐことで、このルートで興味深い場所を数多く訪れることができます。

バンコクからシンガポールまでは私たちのお勧めする反対のルート、もしくは別の旅程行くことができます。こちらがいくつかのアイディアです。

歴史的は都市マラッカ(Melaka)をバンコクへの最初の入り口にしましょう。シンガポールからマラッカ (SGD30/MYR80)まではバスで約4時間です。1日を通してたくさんのバスが出発をしており、マラッカで数時間から数日間快適に過ごすことができます。観光地は豊富で、ポルトガルのFlor de la Mar shipのレプリカBaba and Nyonya Peranakan Museumや、マレーシアの最高の動物園もあり、楽しむことができます。

マラッカからバターワース (6時間、MYR50)までは、早朝のバスに乗り、マレー、インド、中国、ヨーローッパの文化が混ざった島、また食の島、ペナン島を訪れてみましょう。ジョージタウンで夜を過ごし、翌日の列車36番でバンコクに直行できます。

しかし、直行で行くのではく、バターワースからスラタニ (10時間、THB1400)のチケットを買い、島々を巡ってみるのも良いでしょう。タオ島でダイビング、パンガン島でパーティーを楽しみ、サムイ島の透き通った水や、スラタニから陸地を探索し、豊かな野生の生き物に満ちたユニークなオソク国立公園も楽しめます。

スラタニからバンコク までの残りの移動は、列車、バス(THB600~THB1500)、または観光チャーター(9時間から12時間)でできます。後で思い返して、「うわー!素晴らしい旅だった!」と思えるでしょう。

バンコクへ行く理由

近代的な発展を進めながらも、伝統的な生活スタイルが残るバンコクのようなアジアの都市が他にあるでしょうか。高層ビルが立ち並び、黄金に輝く寺院が人々を魅了します。高級ブランドが並ぶお洒落なショッピングモールもあれば、他では食べれないローカルな食べ物の出店もあります。State-of-the-art skytrainが町中を走り、街には活気があふれ、田舎らしいフェリーはチャオプラヤ川の泥水の中を行き来します。ピンク、黄色、緑色のタクシーがバンコクの混みあった道を行き交います。

何百年も前、ワットアルンが太陽の光を浴び、ワットプラチューが美しく輝きだしました。『笑顔の土地』と呼ばれるバンコクに住む人々や町を訪れた人々が目眩のするレストランの屋上で食事をしたり、仕事をしたり、パーティーやピクニックをするのを、厳格な巨大なヤクが見守っていました。鉄やコンクリートはまだ見られず、木々が茂る公園や広場がありました。そして、その頃に生まれたのがクロンを囲む道幅の広い現代的な道路でした。

バンコクの宿泊施設

バンコクの不規則に広がる地域では迷子になるのは簡単で、宿泊所について数えきれない程あって迷います。まず最初に宿泊にいくら使うのか予算を決めて、次にバンコク滞在中にやってみたい事を考えましょう。

バックパッカーの長年のお気に入りカオサン通りと、ソイランブットゥリ(Soi Rambuttri)、ソイプラアティト(Soi Phra Atit)、ソイサムセン(Soi Samsen)を含む隣接する通りは、旅行者向けのサービスが豊富な首都の安宿の領域です。ヤオワラット(Yaowarat)として知られるチャイナタウンは、どんな街の探検家向けにも最大限の魅力をもち、非常にまともな安宿が自慢です。シーロムと、スクンビット通りの下方部は、大きなホテルが立ち並び、BTS駅から歩いて行ける範囲にあります。買い物目当ての方は、中心のサイアムが良いですが、1部屋2000バーツ以下にはなりません。雰囲気があるリバーサイドはラグジュアリーホテルで有名ですが、安宿目当ての方はタノンチャロエンクルン(Thanon Charoen Krung)は散策してみる価値はあります。

バンコクでやること

散策、観光、食事、ワインと実際に限りない機会があふれ、バンコクの滞在時間はいつも足りません。やりたい事や行きたい所は必ず見つけるところですが、下記の項目を除いてしまってはタイ首都を制覇したとは言えません:

  1. エメラルド寺院(ワットプラケオ)と王宮‐国内で最も崇められるブッタ
  2. ワットポーのヘブンリーマッサージ‐タイ古典医療の総本山 
  3. 魅力的なルーフトップバーで一杯‐凄いシティビューと美しい雲の眺め
  4. チャオプラヤー川のリバーボート‐他の通勤者と肘がぶつかったり、予期せぬ水しぶきが顔にかかったり
  5. クレイジーなチャットチャックウィーケンドマーケットの入り組んだ小道探索‐お土産・安い洋服・ローカルデザイナーの作品、エキゾチックな動物
  6. ジムトンプソンの家で午後のゆったりとした時間‐クロン横の平和と静けさの緑豊かな小さなオアシス
  7. ワットアルンのメイン塔かの激しい階段か、ゴールデンマウンテンに登る
  8. スカイトレインに乗って、鳥の目線でシティを見る

バンコクで素晴らしい滞在をお過ごしください。リラックスして、楽しんでくださいね。

シンガポールでの人気ルート