カンポットからプノンペン @ バス, バン

座席のデータを読み込み中です...

ケップ・オフィス → プノンペン 移動手段: バン

13:45
ケップ・オフィス
17:45
プノンペン郵便局
4時間
インスタント 

カンポット経由ケプ Giant Ibis → プノンペン 移動手段: バス

07:45
カンポット経由ケプ Giant Ibis
11:45
プノンペン Giant Ibis
4時間
インスタント 
14:00
カンポット経由ケプ Giant Ibis
18:00
プノンペン Giant Ibis
4時間
インスタント 

カンポットからプノンペンへのスケジュール

カンポットからプノンペンへのスケジュール
交通手段名ルート時間料金
Giant Ibis Transport Universe Noble 37 07:45 – 11:45$ 10
Cambodia Post VIP Van VIP 13:45 – 17:45$ 9.20
Giant Ibis Transport Universe Noble 37 14:00 – 18:00$ 10

カンポット(Kampot)からプノンペンまでの行き方

大きく緑のある大通り、絶妙な仏教寺院、美しいリバーフロントの遊歩道、プノンペンにはスケールの大きな観光地を多く自慢できないものの、独自の魅力を所有しています。東南アジアの発展都市であるプノンペンは、近年すさまじく変わっています。新しいウェスタンスタイルのショッピングモールや、高層ビルはシティを作り上げ、エアコン付の公立バスも通りを行き交っています。トゥールスレン虐殺博物館(Tuol Sleng Genocide Museum)や、足を延ばしてチュンエク(Choeung Ek)のキリングフィールドまで行くと、クメールの暗い歴史を垣間見ることが出来ます。しかし、悲しいことに!最近はフレンチ風は消失しておりますが、世界各国の料理が素敵なレストランで通常支払う金額の半額で味わえたり、市場を訪ねて地元色にしたり、人間ウォッチングをしたり、プノンペンだけを楽しむのもありです。プノンペン周辺には、アンコール時代の素晴らしい遺跡プノムチソー(Phinom Chisor)や、シルク織の島で絹織の工程を見学したりカンボジアの織物を購入できるダッチ島(Koh Dach)を含む、見る価値がある場所が豊富にあり、簡単に日帰り観光で巡ることが出来ます。概して、建築的な不思議、繁盛する夜の娯楽街、買い物施設はプノンペンに豊富にあります。アジアで好きなシティにはならないかもしれませんが、プノンペンは見に行く価値があります。

カンポットからプノンペンまでバスでの行き方

ローカルバス会社が、約3時間でカンポットからプノンペンまで喜んで送り届けてくれます。この2都市間の距離は150kmで、道路は整備されているので、移動はたいていスムーズに真っ直ぐ進みます。殆どのバスは、ドリアン交差点から約300m南東に位置する、カンポットバス停から出発しています。チケットは、当日その場か、ジャイアントアイビストランスポート社で事前にオンラインでご購入ください。今現在、ネット販売をしている唯一のバス会社です。

ジャイアントアイビストランスポート利用だと、カンポットからプノンペンまで1日2本運行しています。朝便は8:30am発、午後便は2:45pm発です。どちらも、リバーフロントから250m程にある、ドリアン交差点近くの同社チケットオフィスから出発しています。そこまでは、多くのゲストハウスから歩いて行くことが出来ます。歩きたくない場合は、トゥクトゥクに乗るか、ジャイアントアイビス社の提携ホテルか確認して、もしもそうであれば無料送迎があります。チケット代は10米ドルです。

小型のユニバースカントリーバスが、カンポット‐プノンペン路線では使われているのをお知りおきください。普通は問題なく、ジャイアントアイビス社の大型バスと同様のサービス、例えば水ボトル・無料WIFI・電化製品をチャージ出来るコンセット、が受けられます。全ての乗客が移動中は保険でカバーされており、同社は完ぺきな安全運行の実績があります(実際に、シートベルト付の座席のことは、カンボジアの他バスでは聞いたことがありません)。実に素晴らしく思います。Cが付く全ての座席は、補助席になるので、背もたれが下になり、他の座席ほど座り心地は良くありません。可能であれば避けましょう。運転席の真後ろも、足元のスペースに余裕がないのでオススメ出来ません。カンポット発プノンペンの短距離走行は、途中で休憩がなく、車内にトイレもありませんので、きちんと準備してから行きましょう。

プノンペンでは、ジャイアントアイビストランスポート社のバスは同社のオフィスがある106ストリート、ナイトマーケットとリバーフロントの近くに到着します。プノンペンが最終目的地でしたら、ゲストハウスまではトゥクトゥクに乗ってください。トゥクトゥクの運転手達は、全てのバス到着時に必ずいます。ジャイアントアイビス社利用で別の目的地へ移動を続ける場合には、バスターミナルで次のバスを待つか、大きな荷物を置いて首都を簡単に散策もできます。

プノンペン経由で、ジャイアントアイビス社の他バスに乗り継ぐ場合

カンポット発プノンペン経由シェムリアップ行き

カンポットから出るバスは、朝発・午後発の両方共に、ジャイアントアイビス社運行シェムリアップ行きのバスに非常に便利に乗り継げます。カンポット発シェムリアップ行きジョイントチケットを購入したい場合は、カンポット発のいずれかとシェムリアップ行き11pm発夜行バスの組合せがオファーされます(10米ドル+15米ドル)。どちらのケースでも、プノンペンでつぶす時間、カンポット午後発バスを利用すると約6時間、朝発だと12時間ができます。この待ち時間を利用して、首都にある面白い所を数か所訪ねることが出来ます。下記の「アクティビティ」をご覧ください。

システム上ではこの選択肢がありませんが、プノンペン11am頃に到着するカンポット朝発のバスを利用して、プノンペン発シェムリアップ行き12:30pm発のバスに乗ることも出来ます。通常、ジャイアントアイビス社のバスはスケジュール通りに運行していますが、それでも最初のバスが遅れて到着するリスクがあります。そのため、この組合せをお考えでしたら、もう一度よく検討してみてください。

もうひとつは、プノンペンまでカンポット発のどれかに乗り、一晩首都で過ごし、翌朝旅を再開しシェムリアップ行きのバスに乗る方法です(7:45am・8:45am発)。

カンポット発プノンペン経由ホーチミン行き

カンポットから、プノンペンを経由してホーチミンに行きたい場合、当社12go.asiaのシステム上に同路線のジョイントチケットがないため、まずカンポット発プノンペン行き(10米ドル)、それからプノンペン発ホーチミン行き(18米ドル)と、2つチケットを分けて買って頂かなくてはなりません。ホーチミン行きのバスは8amに出発しますので、いずれにしてもプノンペンで1泊して、翌朝に移動を続けることになります。

カンポット8:30am発のバスに乗れた場合、12:30pm発のホーチミン行き2本目もあります。プノンペン‐シェムリアップ路線と同様に、1時間半の乗継時間はリスキーでもあります。

覚え書カンボジア‐ベトナム間の陸路移動では、到着時にビザ申請ができるシステムはありませんので、ベトナムビザは出発前に必ず取得すべきです。有効なビザがないと、搭乗を拒否される場合があります。事前に、お持ちのパスポートのビザ必要事項をお確かめください。

プノンペン内の移動方法

カンボジア国内で少しでも旅行をしたことがある方は、クメール人が謙虚ということを知らず、同様に道幅を考えていないことに気づいているかと思います。これらの地元愛の拡張は、プノンペン内の徒歩移動を困難にさせます。トゥクトゥクバイタクは、豊富に至所にありまして、手頃な価格で市内を簡単に動き周れます。トゥクトゥクは1回あたり1~3米ドル、バイタクはそれ以下と思ってください。

プノンペン市内には、スクーターレンタルもあります。1日5米ドルくらいです。ヘルメットの着用義務があること、交通状況は荒れていて、死傷者が出る事故は前代未聞のことではないことを覚えておいてください。経験がある方のみ借りましょう。アジア圏で経験があるという意味です。

プノンペン市内には、公立バスがあります。チケット代は、1回乗車ごとに0.5米ドル以下です。一番使い勝手があるのはライン3番、国際空港、セントラルマーケット、またナイトマーケットで停車します。ライン1番を使って少し歩く距離には、ロイヤルパレスや国立博物館があります。

プノンペンからさらに遠くへ

国のほぼ中心に位置する、プノンペンはカンボジア内の他の全都市や町、また隣国と優れた交通網があります。既に述べたカンポット(Kampot)、シアヌークビル(Sihanoukville)、またホーチミンを除き、プノンペンから陸路で行ける所には、カンボジアのポイペット、バッタンバン(Battambang)、コン島、プレヴィヒア(Preah Vihear)や、モンドルキリ(Mondulkiri)、タイのバンコク、ラオスのビエンチャンやパクセ―を含みます。

カンポット から プノンペン への目的地レビュー

3.8
26 のカスタマーレビュー
5
31%
4
46%
3
8%
2
8%
1
8%
GL
5
バス ヒュンダイ・カウンティ―、Giant Ibis Transport、2018/12/08
What superb service, with very comfortable transport and at a very reasonable price. Will use again.

カンボジアでの人気ルート