ハノイからビエンチャン

ハノイからビエンチャン

座席のデータを読み込み中です...
インスタント
09:30
HAN ノイバイ空港
エコノミーでのVietnam Airlinesを利用した#VN921 フライト時間1時間15分
10:45
VTE ビエンチャン
インスタント 最速
09:35
HAN ノイバイ空港
エコノミーでのVietnam Airlinesを利用した#VN921 フライト時間1時間10分
10:45
VTE ビエンチャン
インスタント 最速
09:55
HAN ノイバイ空港
エコノミーでのVietnam Airlinesを利用した#VN921 フライト時間1時間10分
11:05
VTE ビエンチャン

ノイバイ空港からビエンチャンへフライトで

インスタント
09:30
HAN ノイバイ空港
エコノミーでのVietnam Airlinesを利用した#VN921 フライト時間1時間15分
10:45
VTE ビエンチャン
インスタント 最速
09:35
HAN ノイバイ空港
エコノミーでのVietnam Airlinesを利用した#VN921 フライト時間1時間10分
10:45
VTE ビエンチャン
インスタント 最速
09:55
HAN ノイバイ空港
エコノミーでのVietnam Airlinesを利用した#VN921 フライト時間1時間10分
11:05
VTE ビエンチャン

ハノイからヴィエンチャンへの行き方

ラオスの他の都市と同様に、ハノイからビエンチャンへの移動は簡単です。陸路での移動は時間がかかりますが、料金は良心的です。空路での移動は 費用はかかりますが短時間で移動できます。どちらの場合も、毎日様々な選択肢があります。Luang Prabang経由のフライトや、ハノイからヴィエンチャンのヴィンへの列車での旅、そしてヴィンからビエンチャンへの国際バスを組み合わせることもできます。

ハノイからヴィエンチャンへのフライト

Lao AirlinesVietnam Airlinesと協力して、ハノイとビエンチャンの間を毎日1〜2回運行しています(曜日によって異なります)。ハノイを出発する朝便は午前9時40分、午後便は午後4時40分に出発します。飛行時間は1時間10分です。

情報ラオス航空もしくはベトナム航空を利用する場合、同じフライトでも料金が異なる場合があります。常に両方の航空会社の値段をチェックしましょう。最もお得な情報はベトナム航空で得られる可能性が高いです。例えば、ラオス航空でハノイからビエンチャンへの価格はUSD120です。ベトナム航空は、特別チケットを手に入れることができれば、USD90もしくはそれ以下の料金で買うことができます。

直行便がない場合は、ハノイールアンプラバンービエンチャンのフライトをチェックしてみましょう。ハノイからルアンプラバンまではラオス航空とベトナム航空が毎日国際線のフライトを運行しています。これは、ラオス航空で、ルアンプラバンからビエンチャンへの国内線に乗り換えるのにとても便利です。航空券は、ハノイービエンチャンの直行便に比べると2倍の値段がしますが、わずか3時間半でビエンチャンに行くことができます(ハノイからの出発は、午前10時半、ルアンプラバンからは午後1時5分、ビエンチャン到着は午後1時50分)長い、長いバスの旅と比べると非常に良いでしょう。

ハノイの国際空港は、市内中心から45km北にあるノイバイにあります。オールドクオーターから空港まで安いのが、バスN17でオールドクオーターまで行きますが、N17はキムマバス停まで行きます。ただ、最低でも1時間半と結構時間がかかります(VND9,000)。

ベトナム航空と、ジェットスターがエアポートシャトルバスを運行しています。どちらも、オールドクオーター近くにオフィスがあり、フライト出発時刻の3時間前までにはから2kmほどにある同社のオフィスまでUSD2 (VND40,000)で運行しています。

ビエンチャンの“ワットタイ国際空港”は、シティ中心地から北西3kmのところにあります。ターミナルは最近改装され、ATM、両替所、売店、レストラン、インフォメーションカウンターがあります。ビエンチャンの中心までは、公式タクシーで行くことができ、空港の到着ロビーにあります。フラットレートでUSD7になります。安く抑えたい場合は、空港の入口から500mにあるメイン通りまで歩いて行って、トゥクトゥのドライバーに値段交渉をするか(通常タクシー料金の半額です)、4000キープ(50セント)のローカルバスに乗ってください。

ハノイからヴィエンチャンへの直通バスで

ハノイとビエンチャン間の陸路の最短距離は760kmです。ルートはQL1Aとルート13に沿っており、Nam Phao国境でベトナムとラオスの国境を超えます。バスはこの距離を走行するのに最大22時間かかるので、旅行は体力的に厳しいものになるでしょう。

いくつかの観光バスのオペレーターは、快適さと価格の面で非常に似通ったサービスを提供しています。HTX Van TaiThe Sinh Touristは、どちらも寝台付きのVIP スリーパーバスを持っており、ベトナムでの長旅に人気のあるタイプのバスです。バスはハノイから夕方に出発します(午後5時と午後6時半—曜日によって異なるので、事前にスケジュールを確認しましょう)。ビエンチャンには翌日の午後に到着します。

HTXはVND670,000/USD30でチケットを販売しています。Sinh TouristはVND930,000/USD40で、より高くなっています。ハノイではHTXのバスは、中心部の南に位置するハノイ・ヌック・ガンガム駅から出ており、Sinh Touristのバスはホアンキエム湖から北に2ブロックほど離れた所にある会社のオフィスから出発しています。このことを考慮すると、オールドクォーターに滞在している場合は、Sinh Touristを利用した方が便利でしょう。

ビエンチャンでは、不思議なことに、どちらのバス会社もルート13沿いにある Vientiane Southern Bus Stationを利用しています。 これはメコン川に沿って伸びる市内中央部の北東にあります。ルート13に沿って南に約9km行くと朝市と、市バスのKhua Din駅に行けます。Tuk-tukを利用した場合は 約LAK50,000/USD6かかるでしょう。

ハノイ発ヴィン経由ヴィエンチャン行き

長い距離の旅行を短い距離に分割するのは、陸路移動を耐え忍ぶためにいい考えでしょう。ハノイービエンチャンの場合は、ベトナムの河北省にあるヴィンに停泊することを検討することができます。

ヴィンは、ハノイ・ホーチミン市の主要鉄道線にあり、列車で行くことができます。出発時間は。毎日幅広い選択肢があり、移動時間は6時間を要します。乗車券の価格は、選択肢した列車によって異なります(セカンドクラスACシートはVND400,000/USD20)。スケジュールによってはとても便利な列車がいくつかあります(ヴィンで計画に沿って選択できます)。市内で少なくとも1瀑を過ごしたい場合は、ハノイを午前6時に出発するSE7に乗り、正午までにヴィンに到着し、残りの時間を観光に使うことができます。この旅程では難しいですが、ヴィンに到着した直後にビエンチャン行きの国際バスに乗りたい場合は、ハノイを午後8時10分、午後8時40分に出発するSE19かSE17の列車に乗り、ヴィンに到着後、時間に余裕はありませんが、午前6時に出発するヴィエンチャン行きのバスに乗ることは可能です。ヴィンからビエンチャンへの移動時間は10時間で、チケットはUSD20です。

なぜヴィエンチャンへ行くのか
最初の印象では、ラオスの首都は田舎に見え、ハノイと比べるとあまりにものんびりとしているかもしれません。偉大な地元のコーヒーや新鮮なバゲットから素敵な邸宅や壮大な凱旋門まで、各地でフランスの影響を受けた特徴が感じられますが、こレラはハノイのものとは大きく異なっています。それにもかかわらず、ビエンチャンは確かに独自の性格と魅力を持っています。道は幅広く木々が並び、ワットは明るく装備され、その味はスパイシーです。メコンの夕焼けはいつも壮観で、少なくとも2、3日は楽しむことができるでしょう。

ビエンチャン内の移動方法

ビエンチャンの大通りや脇道は、他のアジア都市に比べると混雑しているようには見えず、平らな道なので自転車でシティを周ることが出来ます。あまり質は良くないですが、ゲストハスで1日USD1で貸し出しています。

トゥクトゥクは沢山ありますが、メコン川のナイトマーケット辺りにいるトゥクトゥクはUSD5以下にはあまりなりません。

ビエンチャンには、公立バスもあり(6000キップ)、一番使い易いのはタラットサオ(朝市)発友好橋やブッダパーク行きの14号です。

ビエンチャンでやること

隣国の首都に比べると、ビエンチャンは一見控え目に見えますが、最低でも数日間は見て回れる所が十分にあります。シティには興味深いワットやストゥーパがあり、見逃せないのは、今はバンコクのワットプラケオにある神聖なエメラルド仏像をかつて納めていた16世紀の寺院ワットホーパケオです。それほど印象的ではないですが、ワットシサケット(Wat Sisaket)はラオスの最も古い寺院で、ジャタカ(Jataka)の風景を描いた壁画があります。タットルアン(That Luang)は、国内で最も重要な宗教的モニュメントで、16世紀に建てられましたが、過去一世紀中頃に再建されましたが、蓮の芽を連想させる仏塔の形は、タイのイーサン地域やラオス全国で再現されています。

シティを散策していると、パトゥーサイブラックストゥパを1回以上は通りかかります。パトゥーサには、噴水がある公園になっていて、特に夕暮れ時には美しいです。変てこなブッダパークは、ビエンチャンの南東25kmの所にあり、ノンカーイにある見たような公園を見たことがあっても行く価値があります。そこには静かな雰囲気があり、仏教とヒンズー教の石像の間をうろつく観光客はそれほど多くありません。

ビエンチャンから遠方へ

バスは、ビエンチャンを全国主要都市と繋げています。かつては驚異的なチュービングの目的地でもあった、Vang Viengは、今はもっと静かな気分を味わうことができます、そしてチュービング、洞窟、石灰岩の山々の壮大な景観を眺められる気球も楽しめます。

ラオスとタイの国境を下る場合、Tha Khaek(7時間)、Savannakhet(11−12時間)、Pakse(17−18時間)が合理的な休憩場所となります。これらの場所のアクティビティには、自然遊歩道、国立公園、クメール遺跡、洞窟、滝などがあります。

ビエンチャンの北360kmにあるPhonsavanに向かうのは最も一般的なルートですが、陸路での移動には10時間以上を費やします。

ビエンチャンはタイと交差するビエンチャン・ノンカイの国境から20kmしか離れていません。メコンの反対側にあるノンカイとつながっている国際バスが沢山あります(バスは朝市バスの駅から出発しています)。ノンカイからはバンコクなど、タイ全土の多くの目的地へのバス旅行を続けることができます。ビエンチャンからバンコクへ(1時間14分)飛ぶこともできます。

ハノイからビエンチャンへの交通手段

  • バス
    VND 495k
  • 列車 は利用できません
  • フェリー は利用できません
  • 飛行機 は利用できません
  • タクシー は利用できません

ベトナムでの人気ルート