50
座席のデータを読み込み中です
座席のデータを読み込み中です...

ノイバイ空ピア → ルアンパバーン 移動手段: 飛行機

12:40
HAN ノイバイ空ピア, ハノイ
14:00
LPQ ルアンパバーン空ピア
1時間 20分
Instant 
 

ハノイからルアンパバーンへのスケジュール

ハノイからルアンパバーンへのスケジュール
Transport NameRoute TimePrice
Vietnam Airlines Economy #VN93112:40 – 14:00VND 4,268k

ハノイからルアンパバーンまでの行き方

ハノイからルアンパバーンまでは、安く簡単にいく事が可能です。直行バスは1日がかりですがお金の節約になりますし、費用は掛かりますが移動時間はかなり短縮できるフライトもあります。この2都市の間には、立寄りの出来る都市や街がないので、お金を払って航空券を取るか、貴重な休暇の時間をバス移動に使うか、2者択一になります。

ハノイからルアンパバーンまでフライト

ハノイからルアンパバーンまでは、フライトでたったの1時間です。ベトナム首都と、ラオス首都の間は、直行フライトが毎日運行しています。この路線は、ラオス航空ベトナム航空どちらも毎日数本のフライトを運航します。どちらも格安航空会社ではないので、片道あたりプロモーション期間中でUSD100、それ以外だとUSD150以上はかかります。ただ、ハノイからルアンパバーンまでの長距離移動を考えると、USD50~100多く支払って時間を取るほうが賢明に思えます。

ハノイの国際空港は、市内中心から45km北にあるノイバイにあります。オールドクオーターから空港まで安いのが、バスN17でオールドクオーターまで行きますが、N17はキムマバス停まで行きます。ただ、最低でも1時間半と結構時間がかかります(VND9,000)。

ベトナム航空と、ジェットスターがエアポートシャトルバスを運行しています。どちらも、オールドクオーター近くにオフィスがあり、フライト出発時刻の3時間前までにはから2kmほどにある同社のオフィスまでUSD2 (VND40,000)で運行しています。

ルアンパバーンでは、全てのフライトはルアンパバーン国際空港、シティ中心から4km北東に到着します。空港の新しいターミナルは2013年にオープンし、ベトナム、タイ、カンボジアからのフライトを受け入れていますが、国際空港としては少し静かな印象があります。空港から市内までは、乗り合いバンの1席が定価ですが(50,000キープ/USD6)、ターミナルゲートの外まで行けば、メイン通りで少し安くトゥクトゥクをひろえます(20,000キープ/USD2.5)。

ハノイからルアンパバーンまでバスで

ハノイからルアンパバーンまでは、900km弱の距離を走ります。欠点は、道のりがくねくねと蛇行しているために、所要時間が2倍かかることです。直行バスでも、ハノイからルアンパバーンまで24時間かかります。道中では、何度か体のストレッチが出来たり、軽食を取れる休憩を挟みますが、移動はかなり大変なものです。利点はバス会社によりますが、USD50~60と価格が安い事です。

長距離移動の弱点を担える事としては、全てのバス会社がこの路線にVIP寝台車を提供していることです。バスは、5:00pm(シンツーリスト)発と、6:30pm発(HTXバンタイ)で夕刻にハノイを出発します。

今まで寝台バスを利用したことがない方にお知らせしたいのは、座席の並び方は、大抵の場合が2段ベッドになっていて、1席並びの列と、2席並びになっている列に分かれていることです。1人で旅行されている方は、知らない人と24時間隣り合わせになりたくなければ、1席の列を予約するようにしてください。

オールドクオーターに宿泊中でしたら、シンツーリストの方が便利かと思います。同社はホアンキエム湖の北側にあり、そこから出発しています。HTXバンタイは、中心地から南に8km行った所にあるハノイヌオクンガム駅から出発します。

ルアンパバーンでは、シンツーリストのバスは北バスターミナル、空港近くで、中心から北東、まで行きます。そこからシティまでは、トゥクトゥクで辿りつけます(LAK20,000)。

HTXバンタイのバスは、中心地から南3kmにある南バスターミナルに到着します。そのバス停からは市内へは、歩くかトゥクトゥクを使ってください。料金は定額(1人あたり10,000キープ)ですが、トゥクトゥクのドライバーは20,000キープ
と言い張って請求してきます。

一口メモ ラオスでは、バスはハノイからルアンパバーンまで、ポンサバン(Phonsavan)を通り抜けるルート7を辿ります。石の遺跡(The Plain of Jars)に行こうと考えてらっしゃる方は、ルアンパバーンに行かずに、そこで降車することも可能です。ポンサバンとルアンパバーンの間は、数多くのローカルバスが運行しているので、立よりした後に、ルアンパバーンに行くことが出来ます。ポンサバンとルアンパバーンの距離は260kmですが、バスは7時間未満で目的地まで到着します。

ラオスビザ:アライバルまたはハノイで取得?

殆どの国籍の方達が、アライバルで30日間滞在可能なツーリストビザを取れます(事前に確認してください)。ルアンパバーンまでフライトを利用すれば、到着時に空港で取得できます。もしも、バスで行くなら、利用する可能性が高いナムカン(Namkan )‐ナムキャン(NamCan)(ンゲアン(Nge An)からシエンクワーン(Xiengkhuang)県)の国境でも取得可能です。

ビザオンアライバルの発行に遅延があったり、発行しない係員と揉める事例も聞いていますので、事前にハノイでラオスのビザを取得できますし、ご準備ください。領事館は毎日8:30~11:30amまで申請を受け付けていますが、公式の営業時刻よりも早く閉める時がありますので、なるべく早めに行った方が良いでしょう。通常は3日間、またはUSD5の追加を支払えば即日に発給されます。ビザのシールが貼られたパスポートは、平日1:00~4:00pmに受け取りになりますが、念のため2:00~3:00pmの間に行くようにしましょう。

覚え書 ハノイにあるラオス領事館とラオス大使館は、別々の場所にあります。領事館はホアンキエム湖の南1km、40クアントラン(40 Quang Trung)にあります。

なぜルアンパバーンへ行くのか
特徴のあるラオスの伝統的な建物と、エレガントなヨーロッパの雰囲気が混じり、フランス植民地だった頃の面影を残します。精巧に装飾されたワットや木製の家屋から、真っ白な家や緑豊かな熱帯の草原があるきれいな通りまで、ほぼ全員が気に入るであろう特徴があります。ルアンパバーンは、東南アジアの訪問する価値のある都市によく選べれ、ユネスコの世界遺産登録もされています。最近は、観光地化されてますので、独特の雰囲気がある小さなシティを見たい方は、ルアンパバーンにすぐに行きましょう。

ルアンパバーン内の移動方法

ルアンパバーンは、かなりコンパクトで、市内観光は徒歩で大丈夫です。

ホテルやゲストハウスから、自転車のレンタルが出来ます。1日10,000キープ(USD1.25)~50,000キープ(USD6)で良い状態のマウンテンバイクを借りられます。例えばクワンシ滝(30km)などの市外までも行けます。

片道2時間も自転車で行ける自信がない方は、トゥクトゥクが沢山ありますが、タイやカンボジアに比べると安くはありません。

バイクのレンタルも可能ですが、ぼったくりに注意してください。有料の駐車場に止めて、二重にロックが必要です。そうしないと、盗難の被害に遭う確率があります(大体の場合が、バイクを借りたレンタル業者の仕業です!)。

ルアンパバーンでやること

ルアンパバーンに数日滞在するつもりが、1週間以上いるなんてことはざらにあります。ラオスの伝統的文化と、ヨーロッパの優美さが交ざり合い、背景には山々が覆い、きれいな水が流れる滝の音がする、そんな可愛い都市を離れるのはほぼ不可能に近いものです。市内に点在する歴史や建築技術の異なる多くの寺院を除いては、ルアンパバーンから簡単に行ける2大観光地には、絵のように美しく層になって流れるクアンシーの滝、ここはクアンシー蝶々公園と一緒に行けます、また有名なパークウー洞窟があり、カヌーツアーで訪れたり、ウイスキー村も同時に行ける所です。

ルアンパバーン周辺には、アートやクラフトの村が沢山あり、織物や陶芸が作られており、半日旅行にぴったりです。小さなガラベク・トラディショナル・ストーリーテリング劇場は、市内に滞在する観光客から素通りされていますが、ラオスの昔話や武勇伝の素敵なショーを見る価値はあります。ルアンパバーンで忘れてならないのが、クルーズで楽しむ夕焼けです。

ルアンパバーンから先へ

ルアンパバーンは、バスやミニバスで、市内南部の多くの場所と繋がっており、チュービングやケイビングで人気のあるバンビエン(200km、3時間半要)や、首都ビエンチャン(340km、7時間要)も含まれます。東部だと、タカエック(Tha Kaek)、サバンナケート、またパクセ―がビエンチャン経由で繋がっています。

ルアンパバーン発で人気があるルートは、クルーズやスローボートでメコン川を上がり、途中でパクベンで1泊しながら、ボーケーオ(Bokeo)県のフエサイ(Huai Xai)の街まで行くものです。多くの旅行者から高い評価を受けており、様々なテイストや予算に応じた数多くの運行会社があります。フエサイでは、国境を越えてタイに入り、チェンライやチェンマイを含む北部を探検出来ます。

皆さんの興味をそそるような、ルアンパバーンから行ける最も人気のある海外の観光地には、タイのバンコクチェンマイ、マレーシアのクアラルンプール、またカンボジアのシェムリアップがあり、全てルアンパバーンから直行便のフライトが出ています。

ベトナムでの人気ルート