バンコクからムクダハン

座席のデータを読み込み中です...

こちらにはThaisanuan Tourの旅行のみ掲載されています。

モーチット → ムクダハン 移動手段: バス

08:30
モーチット, バンコク
18:10
ムクダハン
9時間 40分
eチケット  インスタント 
19:30
モーチット, バンコク
06:30
ムクダハン
11時間
eチケット  インスタント 
21:00
モーチット, バンコク
06:40
ムクダハン
9時間 40分
eチケット  インスタント 

バンコクからムクダハンへのスケジュール

バンコクからムクダハンへのスケジュール
交通手段名ルート時間料金
Thaisanuan Tour VIP 08:30 – 18:10฿ 658
Thaisanuan Tour Express 19:30 – 06:30฿ 502
Thaisanuan Tour VIP 21:00 – 06:40฿ 658

バンコクからムクダハンまでの行き方

ムクダハンでは外国人観光客を多く見かけず、訪れる人々殆どは通過して、メコン川の反対岸スワンナケートへと行き、タイ領事館でビザ申請をするか、ラオス南部の田舎町を探検しに行きます。ですが、ムクダハンはメコン川の素晴らしい眺望、フレッシュなコーヒーを出すおしゃれなカフェ、毎日行われている道をうめ尽くすインドシナ市場と共に川岸の街として魅力を残します。川沿いには絵のように美しい寺院が建ち、ムクダハンの生活がゆっくりと、とてものんびりしています。概して言えば、ムクダハンは観光地とはならないまでも、ラオスやイーサンへと行く途中に立寄る価値はあります。

バンコクからムクダハンまで

東本線も、北本線もムクダハンまでは行きません。唯一の手段はバスです。

バンコクからムクダハンまでバスでの行き方

ムクダハン行きのバスは、バンコク北バスターミナル、モーチットより出発します。巨大なターミナルですが、案内役のスタッフが多くいますので正しいゲートまで簡単に行くことが出来ます。圧倒的大多数のバスが、朝と夕方に出発します。通常、車内にはトイレと、スナックの提供があり、途中に売店・フードコート・コンビニがある大きいガソリンスタンドで休憩を数回入れます。

一口メモ:エアコンは凍える程寒くなります。夜行便では、ブランケットが配布されますが、トレーナーやジャケットなどを持って乗った方が良いです。

バンコクからムクダハンまで、平均所要時間は10時間です。日中の移動は貴重な時間を奪いますが、早朝に出発すると(例:タイサヌアンツアー(Thaisanuan Tour)VIPバス8:30am発、ムクダハン5:20pm着。624バーツ)、ムクダハンに着いてからラオスとの国境を超える時間もあり(10:00pmまで開いてます)、市内に宿泊予定でしたら暗くなるまでに宿を探す時間が十分にあります。

タイサヌアンツアーは、夕方発のバスを7:00pm発(ムクダハン翌5:00am着)・9:00pm発(翌7:00am着)・9:05pm発(翌7:05am着)の3本運行し、全て520バーツです。サハパン(Sahaphan)社が、VIP車8:30pm発(翌5:20am着、606バーツ)と、最も利便性の高いVIP24車が9:15発(翌6:50am着、808バーツ)を運行します。

ムクダハンからラオスまで

ムクダハンからスワンナケートまでの国際バスは、バンコクからのバスが到着するの
と同じバス停からの出発です。7:30am~5:30pm間を毎1時間ごとに出発し、最終のラオス行きは7:00pmです。ビザ申請でスワンナケートのタイ領事館(ビザ申請時間:8:30am~11:00am)へ急ぎでしたら、ラオスで入国審査を終えたらバスには戻らずにトゥクトゥクと交渉して領事館へ行くほうが良いでしょう。20分短縮できます。通常、200バーツと言ってきますが、120バーツが現実的な価格です。

第2友好橋

全長1600m、幅120mコンクリート製の橋は、タイ北東のムクダハンとラオスのスワンナケートの間をメコン川に架けられ、2007年に開通しました。
橋の上ではラオスのように右側通行ですので、覚えておいてください。タイ側の橋の終わりで切り替わります。

一口メモ:タイ観光ビザ更新が目的でスワンナケートへ行く場合、2015年11月13日よりダブルエントリー観光ビザが廃止となったことをお知りおきください。スワンナケートでは、外国籍が選べるのはシングルエントリー観光ビザのみで、1000バーツが掛かります。申請に時間がかかる、5000バーツの6ヶ月有効観光ビザは自国にあるタイ大使館、または領事館でのみ取得可能です。

ムクダハン内の交通手段

黄色のソンテウが、市内中心と町の西側にあるムクダハンバスターミナルの間を走ります。1回たったの10バーツです。メコン川沿いの町中心部は簡単に歩いて移動できますし、またはトゥクトゥクと値段交渉してください。遠くへ行きたい場合は、安いものだと1日100バーツで、ゲストハウスやホテルにスクーターのレンタルをやっている所があるかもしれません。

ムクダハンの宿泊施設

インドシナ市場周辺には安くて綺麗な所が沢山ありますが、さらに南下すると川を眺める素晴らしい所がお手頃プライスであります。マーケット周辺まで少し歩きますが、メコン川沿いの一押しは、迷いなく、N49です。

ムクダハンのアクティビティ

リバーサイドの街で、その雰囲気に酔いしれる以外、ムクダハンでは特にすることがありません。遊歩道沿いにある、いくつかの明るい色をしたお寺はラオス特有の作りになっています。夕方にはダンス教室を見かけるかもしれません。インドシナ市場は、タイ、ラオス、ベトナム、中国製品、スパイスから木綿服を購入するのに優れた場所です。日中は、市場の前には食べ物屋さんがいくつか出ます。ラオスとメコン川の素晴らしい眺めを見に、プマノロム山(Phu Manorom mountain)に行ってください。特に朝日が絵画のようです。もう1日ムクダハン周辺で過ごせるのであれば、「キノコ」の形をした奇岩で有名なプーパートゥープ(Phu Pha Thoep)国立公園をお忘れなく。付近には、サイクリングに適した所もあります。自転車を借りて(50バーツ)、川岸の小道や砂利道に沿って、いつでもシティ北部に行けます。風景は田園風の美しいもので、ムクダハンで最も古いお寺の1つワットマノピロム(Wat Manophirom)を含む素晴らしい寺院が2つ、また魚の養殖場が沢山あります。

一口メモ: ナコンパノム(Nakhon Phanom)県にある町、タートパノム(That Phanom)はムクダハンから北に60kmも行かない所にあります。ワットプラタートパノム(Wat Phra That Phanom)は、タートパノムにある主要な寺院であり、最も重要で崇敬されるイーサンの寺院の1つです。宗教上の休日には、メコン川の両岸から多くの信者が訪れます。ワットプラタートパノムの主要な塔婆の形式は、この地域にある他の多くの寺院で模写されています。タートパノムから行く価値のある所は、木綿機織り伝統で有名なレヌナコン(Renu Nakhon)です。

バンコク から ムクダハン への目的地レビュー

3.5
111 のカスタマーレビュー
5
31%
4
32%
3
13%
2
11%
1
14%
PT
2
バス VIP、Thaisanuan Tour、2019/03/12
จองทางเวป​เป็นรถVIPแต่พอไปจริงๆแล้วเปลี่ยน​รถโดยที่ไม่ได้แจ้งลูกค้าก่อนล่วงหน้า​ :(
RT
3
バス VIP、Thaisanuan Tour、2019/01/16
Bus was 2 hours late. Left mochit late. No usb chargers. Comfortable seat and easy to sleep. Not too crowded
AI
4
バス VIP、Thaisanuan Tour、2019/08/16
Late departure, late arrival.
JS
3
バス VIP、Thaisanuan Tour、2018/12/18
Delayed for 45 minutes from Bangkok

タイでの人気ルート