50
座席のデータを読み込み中です
座席のデータを読み込み中です...

Hua Lamphong → ランタ島 移動手段: バス+バン+フェリー 複合チケット

19:00
Hua Lamphong, バンコク
13:30
Koh Lanta Saladan Pier
18時間 30分
 Instant  返金
19:00
Hua Lamphong, バンコク
13:00
Lang Sot, ランタ島
18時間
 Instant  返金

バンコク to ランタ島 Schedule

バンコク to ランタ島 Schedule
Transport NameRoute TimePrice
Paradive Travel Economy 19:00 – 13:30฿ 1,250

バンコクからランタ島までの行き方

そうです、ランタは島です。ただプーケットと同様に、バンコクからランタ島まで直行バスに乗ることも出来ますが、速くはありません。立寄りなしの長距離バスが好みでない方は、スラタニやクラビ経由で行く方法をお考えください。最速は、バンコク発クラビ行きのフライトを利用し、ランタ島までバンに乗る方法です。長距離列車の方を好まれるようでしたら、スラタニ経由の方が便利になります。バンコクのフアランポーン駅から夜行列車が出ており、スラタニ駅から、ランタ島行きのバスが出るスラタニのバス停まで行くのにちょうど良い時間に着きます。クラビやプーケット発のフェリーも考えられますが、陸路移動よりも時間と費用がかかります。

バンコクからランタ島までバスでの行き方

バンコク発ランタ島行きの直行バスは、いくつかの会社が運営しています。平均して18時間位かかりますが、夜の移動となるため、宿代の節約にもなります。道中、何回か休憩を挟みますし、車内にはトイレもあります。ブランケット、スナックが含まれる場合もありますので、チケット購入前にご確認ください。チケット代金は800~1300バーツで、バス利用が「一番良心的な値段でバンコクからランタ島まで行く方法」となります。バンコクのカオサン通りやフアランポーン駅発となります。

ランタ島では、島内で一番大きな港がある主要な村、バンサラダン(Ban Saladan)にバスが到着します。バンサラダンは安宿探しに適していますが、ビーチ近くに滞在されたい場合には適しません。

重要: 悪徳業者にご注意ください!カオサン通り発着のバス会社は盗難で悪名高いので、バス会社を選ぶ際には十分に気を付けて、同行者に聞いたり、ネットの評価も確認しましょう。

バンコクからランタ島まで、スラタニ経由

バンコク発ランタ島行きの18時間直行バスは長すぎるようでしたら、2つに分けてみるのはいかがでしょうか。可能性としては、バンコクからスラタニまで行ってから、スラタニからランタ島まで行く方法で、恐らくこれが一番便利でしょう。

日中の貴重な時間は避けられる夜行便が、バンコク発スラタニ行きの電車やバスにあります。スラタニ行きのバスはバンコクの南バスターミナルから出発し、街までは約10時間かかります(VIPバス600バーツ)。電車はフアランプール駅が始発となり、プンピンの街にあるスラタニ駅まで2時間程で着きますが、乗り心地の良さを求めるようでしたら1等寝台ですが、2等扇風機車両やエアコン車両でも良いかと思います(順に1600・1000・800バーツ)。

スラタニ到着後すぐにランタ島へ行きたい場合は、7amまでにはスラタニ駅に到着する電車を利用してください。ベストは、173号・167号・85号を含む、バンコク5:30pm~7:30pm発の電車になります。スラタニ駅からランタ島までは、パンシップ社運行8:00am発の直通の送迎が毎日あります。島までは600バーツで、4時間かかります。

スラタニに立寄りたい場合は、ランタ島行きのバスには翌朝乗れば大丈夫です。いくつかのバス会社が、タラットカセット1(Talat Kaset 1)近くのスラタニバス停から出発しており、パンシップ社は7:00am~11:30amの間お得な値段で運行しています。

バンコクからランタ島まで、クラビまたはプーケット経由

ランタ島には空港はありませんので、もしもフライトを利用したい方はクラビが一番近い空港となります。タイ・エアアジアタイ・ライオンエアーはバンコクのドンムアン空港発着、タイスマイルはスワンナプーム空港から発着しています。時々、バンコク発クラビ行きが預け荷物込で500バーツまで値下がり、大体の場合で片道1000バーツ以下となります(1時間半要)。首都からクラビまで1日12本以上のフライトが出ています。

クラビ空港に到着したら、ランタ島(600バーツ)を含む様々な人気都市までのバン運行会社を目にします。2016年4月には、ランタノイとランタヤイを繋ぐ橋がオープンしましたが、本土からの橋はまだありません。おそらく2023年ころと言われていますが。本土のホアヒン港から、ランタヤイまで橋で行けるランタノイまでのカーフェリーが出ています。

タイガーラインフェリーは、クラビタウンまでのバン、ランタ島のサラダン港までの高速船移動も含めた、クラビ空港発の組合せチケットを取り扱っています。費用も時間もかかりますが、海上移動は良いものです(1100バーツ、5時間要)

アンダマンタクシーは、クラビ空港‐ランタ島の送迎を取り扱っていまして、9名乗りバンが1800バーツとなります。4人以上で旅行されている方には魅力的な話です。

安い移動手段を探すために、クラビ空港から町へ行く必要は全くありません。時間とお金の無駄となってしまいます。

バンコク発クラビ行きの安い航空券がなければ、プーケット行き(1時間半要)をチェックしてください。バンコクからプーケットまで、選択肢はより増えます。プーケットからランタ島までは、フェリーを利用しましょう。2時間程ですが、少し費用がかかります(1200~1500バーツ)。ただ、とても美しい海のパノラマを楽しめます。

なぜランタ島へ行くのか
クラビ県の一部、ランタヤイはコンデナストトラベラーは、ランタ島をピピ島、サムイ島、リペ島と共にタイ諸島トップ10に入れ、毎年ランタ島への観光客は増えていても、比較的静かで落ち着いた場所のままでいます。ランタ島のビーチは長いので、繁忙期で宿が満室の時でも混雑することはありません。80年代に初めてこの島を探検したバックパッカー達は、ヨーロッパからのパッケージツアーへと引渡し、中間レベルから豪華なラグジュアリーリゾートの発展によりビーチでのんびりするのは難しくなってきました。そうは言っても、ランタ島はひっそりと佇むビーチや、ハンモックにゆられてのんびりと過ごしたり、素晴らしいダイビングスポットや、ランタの大きなイスラムコミュニティによる南タイのおいしい料理で旅行客を引き寄せています。

ランタ島でやること

ランタ島に行く理由がビーチや、スノーケリング、ダイビング、カヤック、アイランドホッピングなど海のアクティビティであったとしても、海から少し離れてランタ島の内陸も探検してみてください。

オールドタウンは、ランタ島では欠かせない絶対に訪れたい所です。小さな村で、島の中心部であった過去もありますが、今では景色の良い場所となっています。小さな小道は、中華、南タイ、イスラムの文化が混ざった古いランタの魅力が残ります。美しいテラスのあるシーフードレストランでは、目立たない家にひっそりと佇み、一日の疲れを癒すことができます。

ランタ島国立公園は、島の南方にあり、美しいビーチがあります。ハイキングをしたり、岩の丘からは物凄く美しいパノラマビューが見渡したり、灯台があったり、猿がのろりのろりと歩いています。バイクレンタルをして、バイクでも行けますし、ソンテウの運転手に交渉して往復ソンテウで行くことも出来ます。

トゥンイーペンマングローブフォーレストは、半日のウォーキングやカヤックに良い観光地になります。ラッキーだったら、スナガニや、トビハゼ、鶴に遭遇できます。マングローブ林での1日は、蝶々やオーキッドの農場がある村を訪れるのも良いでしょう。

ランタ島から先へ

ランタ島の旅行会社では、島から行ける観光地を最低でも24ヶ所位表示しています。プーケット、クラビ、ピピ島、トラン島は全て同じルート上に含まれています。実際のところ、目的地が違う旅行者全員が頻繁に同じ船に乗船し、海の真ん中でロングテールボートに乗換えています。こういった場面は、クラビ、ピピ島、ライリービーチ、プーケット行きの安いチケットで見られます。

ランタ島から、タイのアンダマン海にあるメジャーな島々、リペ島クラダン島ンガイ島ムック島またリボン島へ高速船が運航されています。また、マレーシアのランカウイ島や、本土のクラビトランまでも運航しています。最安値はタイガーラインフェリーをご確認ください。

バンコク to ランタ島 destination reviews

2.5
47 customer reviews
5
4%
4
23%
3
21%
2
21%
1
30%
4% of 47 travelers were presumably happy with this destination
CM
3
bus Economy, Paradive Travel, 2019/03/25
The stars are for the cost and and the unexpected laughs! The bus was half an hour late at Bangkok station. We were just toying with hitting the booking.com App as it arrived. It wasn't one bus either, it was 2 buses, a taxi, a 2 hour wait, a van and a ferry. We were covered in different coloured stickers by the end. Comfort wasn't great and it all felt a bit unreal at times ... nobody was expecting so many stages. If you're not backpacking it probably wouldn't suit.
CS
4
bus Economy, Paradive Travel, 2019/03/07
Honestly, the service by the transport company (Songserm) was lovely and I'll use this again. This is more of a message saying that the restaurant we stopped on our way from Bangkok to Suratthani was outrageous, but well...
CH
3
bus Economy, Paradive Travel, 2019/01/03
Got what I paid for. 4 buses from Bangkok to Koh lanta. Buses all rundown but got me to my accommodation safely. Didn't know what was happening the entire time.
PK
4
bus Economy, Paradive Travel, 2018/12/30
At the beginning we were little bit confused because no-one was at the meeting point on the time (18.30) stated at the ticket. Finally it came out the bus was late so in the end we started like half an hour later.. anyway We arrived punctual (13.30) at Ko Lanta The first part of the trip was until Surat thani (6.30). There we changed the bus going to Krabi where we arrived at 9.30. At 10.30 a small minivan picked us up going over Hua Hin Pier to Ko lanta. For an extra 100 baht he brought us till our guesthouse. So it all worked out well, but in terms of comfortability and duration (and costs) definitely the backpacker's choice ;)
CO
3
bus Economy, Paradive Travel, 2018/11/28
Voyage long et peu confortable.et un autre voyageur français à payer 400 baths de moins que moi.
AC
3
bus Economy, Paradive Travel, 2018/10/06
The bus was ok. People on the trip were awesome and we actually arrived earlier than expected. The toilet is what you would expect in a moving vehicle (I.e. the smell isn’t fresh roses). The food stop only served chicken and over priced snacks and I’m veggie so found it difficult to eat. Reaching Krabi we were also told to pay 100 baht to get to our hotel. The man was very admandant and wouldn’t really take no for an answer which kind of got on our nerves.

タイでの人気ルート