50
座席のデータを読み込み中です
座席のデータを読み込み中です...

フアランポン → トラン 移動手段: 列車

17:05
フアランポン, バンコク
08:05
トラン
15時間
返金 
17:05
フアランポン, バンコク
08:05
トラン
15時間
返金 
17:05
フアランポン, バンコク
08:05
トラン
15時間
返金 
18:30
フアランポン, バンコク
11:35
カンタン郡, トラン
17時間 5分
返金 
18:30
フアランポン, バンコク
11:20
カンタン郡, トラン
16時間 50分
返金 
18:30
フアランポン, バンコク
11:20
カンタン郡, トラン
16時間 50分
返金 
18:30
フアランポン, バンコク
10:41
トラン
16時間 11分
返金 
18:30
フアランポン, バンコク
10:26
トラン
15時間 56分
返金 
18:30
フアランポン, バンコク
10:26
トラン
15時間 56分
返金 

バンコクからトランへのスケジュール

バンコクからトランへのスケジュール
Transport NameRoute TimePrice
Thai Railways Class II Sleeper AC 17:05 – 08:05฿ 1,001
Thai Railways Class II Sleeper AC 18:30 – 11:35฿ 950

バンコクからトラン(街)までの行き方

多くの旅行客が近隣の諸島へとトランを通り過ぎて行きますが、トラン自体も無限の魅力を持ち合わせています。トランには、国内で最大の中華系コミュニティのひとつがあるので、2月のチャイニーズニューイヤー、9月か10月に行われるベジタリアンフェスティバルのようなチャイニーズフェスティバルが盛んです。トランは、タイとマレイを伝統的中華の料理法で混ぜた素晴らしいテイストがあり、多く軒を連ねるカフェのひとつで朝や午後を過ごたり、美しい滝、洞窟にあるお寺、トレッキングやビーチの豊かな環境を探検してください。それほど観光化されておらず、人で混み合っていないトランは、愉しくフレンドリーで居心地良いです。程よい価格の宿泊施設に泊まれば、もう離れたくなくなります。

バンコクからトランまでの行き方

バンコクからトランまで電車かバスで行くことができます。電車はゆっくりですがシティ中心部に着き、通常の座席ではなく寝台車を予約すれば、夜通し心地よく眠ることができます。バスは速く進み、出発時間も多くあるので選べます。

バンコクからトランまで電車での行き方

バンコク発で、タイ‐マレーシアの国境にあるスンガイコロク(Sungai Kolok)が終点の、タイ南本線は途中でトランを通過します。バンコクからトランまでの830kmの距離は、15~16時間かかりますので、長距離の移動にご準備ください。

バンコクからトランまでは1日2本、#83号フアランポーン5:05pm発トラン8:05am着と、少しゆっくりですが利便性は同じの#167号6:30pm発(翌10:35am着)があります。15時間を超える移動の第一希望は、間違いなく寝台列車でしょう。2等エアコン車が、1050バーツで#83号・#167号の両方にあります。

2等エアコン車の代わりになる、もっと安い2等扇風機付き車両を軽視してはなりません。時々、電車のエアコンが効きすぎる時がありますが、扇風機であれば死ぬほど寒くならずに涼しくいられます。#167号に扇風機車両があり、価格は800バーツです。

'#83号の1等エアコン寝台車両は1730バーツで、旅行客から評判が高いです。個室はスペースがあって清潔ではありますが、真新しい車両は期待してはなりません。それでもなお、1等寝台車は長距離移動には試す価値がいつもあります。

'#83号と#167号には、2等扇風機通常車両が出発時間に応じて650~680バーツであります。2等扇風機寝台車両と、扇風機通常車両の価格の差はさほどありませんので、寝台車両を選ぶのを強くオススメします。

トラン鉄道駅は、多くの宿泊施設が徒歩圏内のシティ中心地にあります。

バンコクからトランまでバスでの行き方

トラン行きのバスは、チャオプラヤ川の西側にあるバンコク南バスターミナルサイタイマイ(Sai Tai Mai)から出発します。この路線は、 サッパイサル(Sappaisal)スリステープツアー(Sri Suthep Tour)を含む多くの会社が運行しています。通常、バンコクからトランまで11時間かからないので、バスの方が電車よりも速いと思います。どちらの会社も、急行バスを660バーツで、朝に1本7:00am発と、午後に2本4:30pm・4:40pm発を運行しています。午後発はトラン到着が4:40am・3:40amと少し不便です。バス停が、ゲストハウスエリアや中心地から北に4kmほど離れており、この時間に宿泊所まで行くのは、かなりの挑戦となります。星空の下で野宿をしたくなければ、事前にゲストハウスへ到着時間について連絡をし、必要があれば送迎をアレンジしてもらいましょう。

夜行2本、サッパイサル社VIP24号(1020バーツ)と、スリステープツアー社VIP号(770バーツ)はバンコク7pm発でトラン翌6am着です。VIP24号は、1列に3席並びのため、より乗り心地が良くスペースがあり、いつも良い選択となります。そうは言っても、通常のVIP号も良いチョイスですので、価格が気になる方はVIPを選んでもがっかりしません。サービスはほとんど同じで、水(ジュース)が1本とスナックが配られます。夕飯は車内で配られるか、道中でフードコートがある大きなガソリンスタンドに立寄ります。

一口メモ:夜行バスは車内が冷えます。配布されるブランケットだけでは充分ではありませんので、防寒具を手に持っていてください。

トラン市内の移動手段

トゥクトゥクバイタクは手軽で、ぼったくりもありません。短距離であれば30バーツ位です。市外まで行きたい場合は、時間や1日ベースの価格で乗ることも出来ます。

多くの見所がシティから半径30km位の距離にありますので、個人で移動が出来る足をもつのが良いアイディアです。バイクは通り沿いのエージェントで貸し出されています。1日あたり、バイクが約200バーツ、車は約1500バーツくらいだと思ってください。

トランのアクティビティ

トランの後にアンダマンの島々で、太陽が輝く中で砂浜で寝っころがってカクテルを飲んで過ごすとは思いますが、トラン近くにも素敵なビーチがあります。ハットパクメン(Hat Pak Meng)や、ハットチャンラン(Hat Chang Lang)等を含み、シティから40km西に行った所にあります。

トランから11kmの所には、南タイボタニカルガーデン(Southern Thailand Botanical Garden)があり、数多くの面白い植物たちが生息しており、散歩やハイキングには良い場所です。

もっと自然の中を歩きたい方には、カオバンタット野生動物保護区域(Khao Banthad Wildlife Conservation Area)に行きましょう。ローカルの村々が、トントック滝を含む、絵のように美しい滝に行くツアーを催行しています。

トラン発アイランドホッピング

トランは、トラン諸島(リボン島・ムック島・クラダン島)として知られる、リボンアーキペラゴ諸島(Koh Libong Archipelago)や、タルタオ国立海洋公園(Tarutao National Marine Park)(タルタオ島・リペ島・ンガイ島)に行くのに便利な所です。

タイガーライントラベルズ(Tigerline Travel’s )は、プーケットとマレーシアのランカウイ島を高速船で結んでおり、ピピ島
・ランタ島・ンガイ島・クラダン島・ムック島・トラン・リペ島に寄港します。2番目に長いルートは、クラビ発で上記の島々とリボン島に行きます。同社は、トランタウン、トランバス停、鉄道駅、空港、ホテルからの送迎と、ご希望の島までの高速船を組合せたチケットを販売しています。

一口メモ:リペ島・クラダン島・ムック島・ンガイ島に、タイガーライントラベルの高速船が寄港できず、フェリーと島の間をロングテールボートで送迎が必要となった場合には、追加で50バーツがかかるのを事前にお知りおきください。タイガーライントラベルのチケット代金には含まれていませんので、直接運営者にお支払ください。

トランバス停、またはトラン鉄道駅からリボン島までのバン+高速船コンビネーションチケットは600バーツ (3時間半要)、ムック島・ンガイ島 、またリペ島 は950バーツ(順に3時間40分、4時間40分、5時間要)、クラダン島までは1150バーツ(4時間要)です。

トランからアンダマン諸島へ

トラン諸島が十分でなければ、アンダマン海峡北部へとアイランドホッピングを続けることができます。プーケット・ピピ島・ランタ島はとても行きやすい所です。
これらの3つの島にはボートで行くことができますが、一番行きやすい方法は、まずバスでプーケットに行ってから、先に進む方法です。

スリトランバス会社は、トランバスターミナル発でトランからプーケットまで随時バスを運行しています。始発は10:15発、最終は12:30am発です。3:15pm~8:15pmの間は変わりますが、それ以外の時間帯は少なくても1時間おきには発車しています。VIP24号9:45pm(420バーツ)を除いて、全てのバスはエアコン付急行バス(280バーツ)です。バスは、約5時間ほどで、最近改装が終わったプーケットの第2バス停ボコソターミナル、プーケットタウンの中心から4kmほど北へ行った所に行きます。

プーケットからピピ島へ約2時間、さらに1時間で クラビのランタ島へ、でもクラビからバンで行った方が簡単ですが。

タイでの人気ルート