50
座席のデータを読み込み中です
座席のデータを読み込み中です...

カオサンロード Travel Mart → マク島 移動手段: バス+タクシー+フェリー 複合チケット

00:10
カオサンロード Travel Mart, Bangkok
10:10
Koh Mak Ao Kao beach
10時間
eチケット  インスタント  返金 

バンコクからマク島へのスケジュール

バンコクからマク島へのスケジュール
交通手段名ルート時間料金
Travel Mart Express 00:10 – 10:10฿ 990

バンコクからマーク島までの行き方

白く黄金のビーチと透明な水の美しいパラダイス、マーク島はすこし退屈に感じるかもしれませんが、湾内の別の島を飲み込んで進む多額の開発から離れて良い休暇となります。マーク島はプライベート感高く、瞑想体験、スイミング、日光浴、シュノーケリング、カヌー、ゴム・ココナッツ農園に覆われた島の内陸にある農村を訪れたり、
プーケットや、またチャーン島のような観光リゾートから遠く離れた気持ちにさせてくれます。マーク島にはナイトライフはないに等しいですが、本物の南国の島の雰囲気と際限のない海洋眺望は、ヤシの木に隠れたシークレットベイやビーチがまた補足します。

バンコクからマーク島までの行き方

マーク島は、湾内の上部、チャーン島の南数kmの所にあります。多くの観光客はトラート諸島ツアーの一部としてマーク島を訪れ、ツアーには諸島内で一番大きいチャーン島、もっと遠くのクッド島や、より小さくてたまらなくロマンチックなワイ島も含まれると思います。バンコクからは、まずバスでトラートに行き、それからマーク島行きのフェリーチケットを買うことになりまして、通常はトラート内のどこからでも可能な、マーク島行きのフェリーが出るレムソック港までの送迎が無料で含まれます。

特にカオサン通り周辺に宿泊している人達には一番便利な、バンコクからマーク島行きの組合せチケットもあります。

バンコクからマーク島までバン+フェリーでの行き方

今のところ、一番速くバンコクからマーク島まで行く方法は、バン+フェリー組合せチケット(750バーツ)を使うことです。ブーンシリ高速船社(Boonsiri High Speed Ferries Co., Ltd.)がバンコクのカオサン通りエリアにある同社のオフィスから乗客を乗せて、トラート近辺のレムソック港までお連れしまして、そこからマーク島やクッド島まで高速船に乗換えます。

バンコクでは、ブーンシリ社バン利用の集合場所は、カオサン通りとソイラムブットリ(Rambuttri)に平行してはしるタニー/タニ通りにあります。一部の旅行者から乗客が遅刻したことでバンの出発が遅れたという報告がありますので、計画は時間に応じて行い、出発時刻15分前までには少なくとも集合場所に着くようにしてください。

一口メモブーンシリ高速船は、乗客だけが乗船可能で、車やバンは乗せられません。レムソック港で、バンから降りて、全ての荷物を持ちながらフェリーに乗ることになります。

バンコクのブーンシリ社のオフィスから1日2本の出発、一番早いのは5:30am発マーク島は12:30pmまでに到着、最終は8am発フェリーでマーク島に到着するのが3:15pmです。バンコク‐トラート間のバン移動は約5時間で、バンコクからマーク島までの所要時間は合計で約7時間です。

一口メモ:5:30am発のバスは、レムソック11am発のブーンシリフェリーに乗れます。このフェリーは最初にクッド島に寄港し、それからマーク島に行くので、この場合の船移動は1時間半となることをお知りおきください。船酔いしやすい方は、次のバンコク8am発・レムソック2:30pm発のフェリーをご検討ください。こちらはマーク島に最初に向かい、45分ほどで島に辿りつきます。

バンコクからトラート・マーク島へ

バンコクから、トラート行きバンチケット購入と、マーク島までのフェリーチケットを別々にすることもできます。トラートが、シティ南東22km、マーク島までのフェリーが出るレムソックまでの近い乗換え地点です。

バンコクのモーチットバスターミナルから、トラートトランスポートステーションまでT.T.T.社運行のバンがあり、チケット代は300バーツで、1日を通して5am~6:30pm間に8本運行があります。バンは5時間でトラートに行き、そこからソンテウに乗換えてレムソック港まで行かなければなりません(50バーツ、1時間要)。または、レムソックまでの送迎付きのフェリーチケット(450バーツ)、例:ブーンシリ、をお買い求めください。

ブーンシリは、トラートで乗客をピックアップしてから、マーク島行きのフェリーに乗るため、レムソックの港へ直接お連れします(船移動は45分~1時間半要)。別々にチケットを買っても安くならず、時間だけがかかります。

マーク島から他島へ行く方法

クッド島・ラヨーン島・マーク島・カーム島・ワイ島・チャーン島の諸島内だけを巡るフェリーがあります。マーク島からは、ワイ島まで300バーツ(30分要)、クッド島まで400バーツ(1時間要)、チャーン島まで600バーツ(1時間要)となります。

ブーンシリは、1日1本2pmマーク島発クッド島行き、移動時間は40分、チケット代300バーツを運行しています。またマーク島12:30pm発トラート、バンコク (750バーツ)、またパタヤ行きの直行便があります。

マーク島内の交通手段

マーク島から別の島へ1日行く良い方法は、カヤックです。多くのリゾートが宿泊者に無料でカヤックを貸し出しています。カヤック以外には、自転車バイク
がほぼ全てのゲストハウスで容易に借りることが出来ます。マーク島では公共交通手段のようなものピックアップトラックが適当な料金で走っています(島の南方から北方まで50バーツ)。

マーク島の宿泊施設

マーク島は、驚くほど良い宿泊施設が様々な価格帯であります。多くの安価なゲストハウスはアオカオ(Ao Khao)やその周辺に集まります。多くは安く、飾りっ気なく、素朴でビーチに立っていて、このコンビネーションはもっと発展した他の島々では段々と難しくなってきています。アオスアンヤイ(Ao Suan Yai)は、高級志向や中くらいレベルの宿泊施設を探している人達向けです。マーク島の東方岸にある人里離れた入江は、それぞれにひとつのリゾートを構えており、全てから逃れたい方には最高の場所です。

マーク島の見所

見たままですが、マーク島のメジャーなアクティビティは、ビーチでゆっくりしたり、バンガローのテラスでハンモックに揺られることです。大まかにいうと、どちらも島での良い過ごし方です。そうは言っても、全体的に台無しにしなくとも、マーク島での休暇をある程度害して来るであろう、スナバエの報告が頻繁にありますので、彼らの生息地ではない東側のビーチやアオスアンヤイに逃れてください。

他にもシュノーケリングダイビングを含む、マーク島でやった方が良いことがあります。多くの会社が両方提供しています。タイマッサージ、スパ、おいしいローカルレストラン、タイ料理クッキング教室を含む、通常のホリデイプレジャーはマーク島にもあります。マーク島の最高地点から広がる島のパノラマビューを眺められますが、そこにたどり着くには、少し適度なトレッキングと、もっとも重要なのはバーンレムトゥクタ(Baan Leam Tukta)とバーンイングカオバンガロー(Baan Ing Kao Bungalows)の間に隠れている正しい道のりを見つけることです。好奇心旺盛な観光客には、マイシー島(Koh Maisee)へのショートトリップを強くおすすめします。パール農園があり、パール栽培のプロセスを見せてくれたり、リーズナブルな価格で買うこともできます。

タイでの人気ルート