50
座席のデータを読み込み中です
座席のデータを読み込み中です...

アオナンビーチホテルトランスファー → バンコク 移動手段: バス

16:00
アオナンビーチホテルトランスファー
05:30
カオサン, バンコク
13時間 30分
 Instant  返金

クラビ Andaman Wave Master → バンコク 移動手段: バス

17:30
クラビ Andaman Wave Master
05:30
カオサン, バンコク
12時間
 Instant  返金

クラビバスターミナル → バンコク 移動手段: バス

08:00
クラビバスターミナル
20:00
南ターミナル, バンコク
12時間
 Instant
16:00
クラビバスターミナル
05:40
モーチット, バンコク
13時間 40分
16:00
クラビバスターミナル
05:40
南ターミナル, バンコク
13時間 40分
17:00
クラビバスターミナル
06:40
モーチット, バンコク
13時間 40分
17:00
クラビバスターミナル
04:00
南ターミナル, バンコク
11時間
 Instant
17:00
クラビバスターミナル
06:40
南ターミナル, バンコク
13時間 40分

クラビタウン Maharaj → バンコク 移動手段: フェリー

16:00
クラビタウン Maharaj
02:55
ラジャダムナンアベニュー, バンコク
10時間 55分
 Instant  返金
16:00
クラビタウン Maharaj
02:55
ラジャダムナンアベニュー, バンコク
10時間 55分
 Instant  返金

クラビタウン Maharaj → バンコク 移動手段: バス

16:00
クラビタウン Maharaj
05:30
カオサン, バンコク
13時間 30分
 Instant  返金

Noppharat Thara Beach → バンコク 移動手段: バス

16:00
Noppharat Thara Beach, クラビー
05:30
カオサン, バンコク
13時間 30分
 Instant  返金

アオナン マオピア → バンコク 移動手段: バス

16:00
アオナン マオピア, クラビー
05:30
カオサン, バンコク
13時間 30分
 Instant  返金

クラビからバンコクまでの行き方

一番簡単な行き方はバスを使うことで、列車とバスを組み合わせることも出来ますが、一目瞭然のことですが最速の移動ではありません。

クラビからバンコクまでのバスでの行き方

バンコク行きは、クラビ国際空港から15km離れたヌイクロン、またはクラビの北方 4km先タラカオの近くにあるクラビバスターミナルから出発しています。バンコクの到着地は、チャオプラヤ川の西側トンブリ地区プッタモントン通りにあるサイタイマイ南バスターミナル、または市内バスの発着もあるモーチットの北バスターミナルのどちらかになります。リナイト社運行の急行バスと、VIP24車が11時間所要でサイマイタイまで行きます。急行は670バーツで、VIP24は高めの970バーツです。朝発は8:00amになりまして、途中下車(例えばホアヒン)をしてバンコクに午後着が可能なバスに乗り換える( 4:10pm発・ 5:00pm発)ことが出来るので良い案だと思ます。どちらのバスもバンコクまで短時間で着きますので、予め仮眠の準備をしておいた方が良いですし、北タイ行きのバスに乗継がある場合は朝発のバスに乗りましょう。

バス全ての車内で、スナックの配布、エアコンとブランケット付、また道中ではコンビニやカフェ、トイレが付いているサービスエリアに数か所立ち寄ります。

クラビからバンコクへの電車での行き方

クラビタウン近くには電車の駅はありませんが、バスと電車を組み合わせて、クラビからバンコクへ行くことはできます。タイ南本線は、バンコクからスラタニまで伸びていますので、クラビから一番近い駅はスラタニ駅となります。こちらは、クラビタウンから150km離れたプンピンという町にあります。そこまでは、バスで3~4時間掛かりますので、スラタニの様子を少し見てみたい方以外は、選択肢には上がらないかと思います。大多数のバスが、エアコン車で、一人あたり180バーツとなります。クラビからスラタニ行きバスの予約はこちら

プンピン(スラタニ)からバンコク行きの列車は、フアランポーンに到着します。朝発の2等エアコン席のみの席があり、最速のバンコク‐スラタニ間を9時間(810バーツ)で走ります。他の列車はスピードが遅く(12時間ほど)、出発するのが午後か夕方4:00pm、 5:35pm、6:37pm、 8:35pm、 9:05pm発となります。バスよりも時間は掛かりますが、座席によっては一番乗り心地が良くなります。一番良いチョイスは、1等エアコン寝台席(時間が良い便は、#84号と #86号の9:05pm 発と6:37pm発(どちらも1539バーツ)です。2等寝台車も、同じくエアコン車で、夕方かご希望時間に席を倒してベッドを作ってくれます。チケット代金は950~970バーツで、1等席ほど心地よくはありませんが、それでも十分落ち着けます。扇風機車両は、他の寝台車のような作りになっていますが、エアコンが付いていないため、移動中はひどい匂いでイライラするかもしれません。扇風機車両は、一人あたり710バーツです。

一口メモ:下段の座席から売れていきます。できるだけ早めに予約しましょう。上段よりも広い感じがします。赤ちゃん連れの場合は、あらゆる理由から、下段を選ぶようにしましょう。

タイでの人気ルート