50
座席のデータを読み込み中です
座席のデータを読み込み中です...

Khao San Tara Travel → パタヤ 移動手段: バス

08:30
Khao San Tara Travel, バンコク
12:30
Pattaya Bus Station
4時間

Morchit → パタヤ 移動手段: バス

09:00
Morchit, バンコク
12:00
Pattaya Bus Station
3時間
 Instant  返金
13:00
Morchit, バンコク
16:00
Pattaya Bus Station
3時間
 Instant  返金
18:30
Morchit, バンコク
21:30
Pattaya Bus Station
3時間
 Instant  返金

Bangkok Bell Travel Office → パタヤ 移動手段: バス

13:30
Bangkok Bell Travel Office
16:30
Pattaya Bus Station
3時間
 Instant
17:30
Bangkok Bell Travel Office
20:30
Pattaya Bus Station
3時間
 Instant

Ekkamai → パタヤ 移動手段: バス

09:30
Ekkamai, バンコク
12:30
Pattaya Bus Station
3時間
 Instant  返金
13:30
Ekkamai, バンコク
16:30
Pattaya Bus Station
3時間
 Instant  返金
17:30
Ekkamai, バンコク
20:30
Pattaya Bus Station
3時間
 Instant  返金

Khao San Tara Travel → パタヤ 移動手段: バス

10:30
Khao San Tara Travel, バンコク
14:00
Pattaya Bus Station
3時間 30分

バンコクからパタヤ(Pattaya)までの行き方

バンコクから東海岸沿いに南150kmに位置するパタヤは、バスやバン、またはタクシーで簡単にアクセスできます。移動時間は2~3時間ですが、交通状況とルートにもよります。チョンブリ(Chonburi)やスリラチャ(Sri Racha)またはラエムチャバン(Laem Chabang)に停車するバスや、直通で向かうバスもあります。バンコクにある3つのバスターミナルからパタヤ行きに出発している大型バスは、パタヤ・ノーザン・バスターミナルに到着し、直接スワンナプーム空港まで向かうバスもあります。フレキシブルなオプションとして、バンコク-パタヤ バンをお勧めします。バンはバンコク内の様々な場所から出発しており、パタヤの中心地で降ろしてくれるバンもあります。バスとバンのチケットは、120から400タイバーツです。タクシーは最も早くドアツードアの便利なオプションです。料金は3人乗りが1700タイバーツから、最大9名まで乗車できるプライベートバンは4000タイバーツとなっています。

パタヤは、赤いライトがぎらついて、飲み屋と、ビーチロード沿いに堂々と立つヤシの木の下でレディボーイ達が引っかかりやすい人達に付きまとっていることで有名です。何年もの間、パタヤは当然の事ながらシンシティとして称されて来ており、かわいそうな田舎から来た美人達が、西洋のATMマシーンを待ち続け、そしてそのATM達‐またの名をセクシーメン‐はトゥルーラブを探して、彼女の家族全員分を負担させられ、そしてその孤独なバッファローは北タイの果てしない土地のど真ん中で草を食べるのです。

パタヤでは、まだセックス観光が繁盛していますが、近年イメージを払拭し始め、今では外国からのツアー客や、家族、週末やタイ祝日にでかけるバンコク在住の人達を魅了しています。

パタヤは珍しく個性的なサイトを誇れないものの、そのお祭りのような雰囲気は訪れる人達の心を裏切りません。驚くほど良心的な価格で提供する国際色豊かなレストランと安いストリートフード、最高級のインターナショナルホテルチェーンと簡素なゲストハウス、エレガントな高層ビルと昔ながらの商店、モダンなショッピングセンター、エンターテイメントセンター、カラフルなナイトマーケット、全てがそこにあります。ほぼ完ぺきに近いパラダイスの近隣諸島のどこに行こうか選べたり、ファミリー向けのアトラクションが増え続けていることは、パタヤがタイで一番人気の観光地であることを確証しています。

バンコクからパタヤまで

国内で最も優れている高速道路の一つ、7号線がバンコクからチョンブリとパタヤを結んでいるので、バス、タクシー、プライベート車でバンコクからパタヤまで行くのは通常シルクのようにスムーズです。

バンコクからパタヤまでバスで行く方法

バンコクには、メジャーなバスターミナルが3ヶ所、南サイタイマイ(Sai Tai Mai)、北モーチット(Morchit)、東エカマイ(Ekkamai)があり、立地の面から後方2ヶ所がもっとも便利な選択となります。パタヤ行きのバスは一日中走っており、地元の人達にも外国人観光客にも人気のルートの為、早めに満席となります。

東海岸に行く場合には、エカマイバスターミナル (Ekkamai bus terminal)が最も必然的な出発ポイントになります。便利なことに、BTS駅に位置しています。エカマイからのバスはほんの2時間でパタヤに連れて行ってくれますが、少し現実的になってみると、頻繁に高速迂回してチョンブリ(Chonburi)、シラチャー(Sri Racha)、そしてレーンチャバン(Laem Chabang)で途中下車させているので3時間が標準と思います。パタヤバス (Pattaya Bus)は、エカマイから、朝(9:30am発)、午後(1:30pm発)、 夕方(5:30pm発)発の3本運行しており、どれも127バーツです。

モーチット(Morchit)は首都の北に位置しており、その地域に滞在予定であったり、ドンムアン空港からのシャトルバスでバスターミナルに着く場合には便利です。同じBTSの駅名がありますが、バスターミナルまではBTSモーチット駅からはバスやタクシーに少し乗る必要がありますのでお知り置きください。モーチットからのバスは、約3時間でパタヤに着きまして、パタヤバス社で127バーツがかかります。9:00am、1:00pm、5:00pm発の1日3本です。

パタヤでは、ノースパタヤ通り(North Pattaya Road)にある北バス停、スクンビット交差点から200mの所に着きます。中心地までは、ソンテウ(1人40バーツ)、バイクタクシー、またはタクシーから選びまして、いつも事前に値段交渉をしてください。

バンコクからパタヤまで電車での行き方

技術的にも可能です。朝発#283号がバンコクを6:55amに出発、パタヤ10:34am到着です。道中は何回も止まり、一生に一回の経験に良いとも普通になりません。息を飲むような素晴らしい景色は期待せず、3等扇風機車両で4時間過ごすことに備えてください。しかし、これは本当に、多くのおもしろい人間ウォッチングをする機会があるでしょう。パタヤ駅以外で、絵画のように美しいところは、おそらくウェイヤイ(Huay Yai)駅でしょう。もちろん、チケットは物凄く安価です。

バンコクからパタヤまでタクシーでの行き方

もしも荷物が多かったり、家族や同行者の人数が多い場合は、ドアTOドアでバンコクからパタヤまで連れて行ってくれるタクシーをご検討ください。PGS社は、個人、団体の送迎に賢明な手段を提供しています。3名乗りトヨタカムリ2200バーツを選ぶか、9名まで乗車可能でゆとりのあるトヨタコミューター2530バーツを検討してみてください、素晴らしい提案かと思います。料金は全て込みで、追加の高速代、送迎の出発地、到着地の指定追加代金もありませんし、ピックアップ場所によりますが通常は3時間もかかりません。

スワンナプームに到着したばかりですか?空港からパタヤに行きましょう!

主要空港のスワンナプーム(Suvarnabhumi)でタイへ入国して、次の目的地がパタヤでしたら、バンコクのバスターミナルへは向かわず、バスやタクシーを使ってスワンナプームからパタヤへ直接行きましょう。ベルトラベル (Bell Travel)は、空港の下階にあるゲート8の近くからバスを運行しています。

バスは、8:00amから6:00pmまで毎2時間置きに出発です。同社のVIP24は、十分に乗り心地が良く、飛行機のエコノミークラスよりもスペースがあります。所要時間は約2時間です。パタヤでは、パタヤノース通りにあるパタヤ北バス停にお連れします。

一口メモ:スワンナプーム‐パタヤのバスチケットは当日変えますが、こちらの路線は非常に人気のため、圧倒的に多いケースでチケットが手に入らず次のバスを待たなければいけなくなります。事前予約の場合、チケット代金は272バーツです。

一口メモ:パタヤ行きバスが出発する、スワンナプームの下階にあるゲート8の隣にマジックポイント(Magic Point)という食堂があり、カオマンガイ(khao man gai)、豚足ご飯 (khao kha moo)、トムヤムを含むよだれが出るほど美味しいタイ料理が、とても手頃な値段でお腹を満たしてくれます(1皿40バーツから)。

PGS社のチャーターは、ドアTOドアで、より快適にスワンナプームからパタヤまで連れて行ってくれます。3名乗りトヨタカムリ(1980バーツ)か、9名まで乗車可能なトヨタコミューター(2200バーツ)からお選び頂けます。料金とクオリティーの面から見ると、後方が良い選択です。料金は全て含み、高速代金、荷物、到着時の追加代金は一切かかりません。

交通手段

ソンテウは、パタヤを周遊するのに最良の手段です。行先に応じて1回乗車が10~40バーツと安価ですし、市内の色々なルートをカバーしています。一番使える青色のソンテウは、サウスパタヤ通りと2ndロードの交差点からジョムティエン(Jomtien)まで、そして、ジョムティエンから北のドルフィンラウンドアバウトまでを走り、2ndロード‐ノースパタヤ‐パタヤビーチロードを回送しています。白いソンテウは、スクンビット通り沿いを走り、サタヒップ(Sattahip)まで行きます。また、出発前に代金に同意をしたら、ソンテウはチャーターTAXI代わりにもなります。

バイクタクシーは至る所にあり、手頃な金額です。交通渋滞が日に日に悪くなってきてるので、バイクタクシーは良い移動手段になります。

レンタカー・レンタルバイクも選択肢になります。シティ内どこでもレンタルショップがあります。スクーターは1日200バーツ(1ヶ月2000バーツ)で、ホンダシティーのような小型車は1000バーツです。返却時に“傷が付いてる”として追加支払いを要求されることは通常起こりませんが、頻繁に警察が車とバイクを止めて運転免許の確認を行っていることをお知り置きください。シートベルト、ヘルメットの着用も必ずしてください。

最近は、より多くの自転車を見かけるようになりましたが、独特の無秩序な交通状況は安全でもなく、速度オーバーの車に、観光バスとバイクの間をペダルをこぐのは気持ちの良い物でもありません。

宿泊先

好みの問題ですが、大人の夜の街を楽しむナイトライフが目的でしたら、中心地にあるホテルや、ソイブッカオ、ビーチロードと2ndロードの間の周辺にあるゲストハウスを探してください。ノースと、ナクルア(Nakluea)には、立派な5つ星のホテルチェーンがあります。ジョムティエン(Jomtien)は、どちらかと言えば安価なゲストハウスと中くらいのレベルのホテルの領域で、ジョムティエンビーチは二流ですが海水浴や日光浴には良いです。プラタムナック(Pratamnak)は公共交通機関から少し離れたところですが、このエリアはとても緑があって落ち着いた雰囲気で、コジービーチ(Cozy Beach)の様にいくつかの素晴らしいビーチがあります。アンバサダーシティホテル(Ambassador City Hotel)のエリアは、繁華街から遠いので、浜辺でゆっくりしたい場合にのみご検討ください。

アクティビティ

パタヤとその近隣には、ちゃんとしたビーチはありますが、極上のビーチエリアでは決してありません。されど、パタヤを訪れることは色々と興奮する体験です。これらは、パタヤを満喫するために弊社がおすすめトップ5です。

1. 世界的に有名な歩行者天国に行く:go goダンサー、鳴り響く音楽、どの曜日も関係なく地球のいたる所から訪れる人々
2. ビューポイントヒル(View Point Hill)に行って、飲み物を販売しているだけですが、リラックスできる親切なカフェでコーヒーを飲みながら、絵葉書のように完ぺきなシティの景色を見る。
3. カオキアオオープンズー(Khao Khew Open Zoo)で、象、キリン、サイに見入りながら1日を過ごす、大人も子供も楽しめるでしょう。
4. 30バーツのフェリーでラン島へ行き、隠れた入江を探して自分の島天国を味わう。
5. バンサレー(Bang Saray)のレストランで、漁船が夜の漁や日中のデリバリーに向かうところを見ながら、りょうし海鮮を大いに食べる。

タイでの人気ルート